無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2005年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

散財、散財また散財!

購入日時 2005年5月27,29日
購入場所 西新宿、但し「死滅遊戯」はタワーレコード新宿店
購入価格 全部で¥21,630+¥3,000(ドリームジャンボ宝くじ)

最近は、安くていい品の発掘が出来ず逆に高くていい品を購入する機会が多いね、まあタイトルが「無駄遣い」ですからまあ、いいっか。
それにしても給料日明けは気が大きくなってしまいますね。5/27,29と新宿を経由し出かけた。
27はサッカー・キリン杯で、29日は野音でライブ。まず27日は今年の1月に予約した裸のラリーズ 3CDR+BONUS CDRがようやく入荷したようなので、西新宿へ取りに行った。¥9,000
b0042308_23531787.jpgこれぞ日本のヘヴィ・サイケデリック・バンド!水谷孝氏のギターがうねりまくります!音質はまあ良いでしょう。ラリーズは僕が日本のロックに興味を持ちはじめてからずっと気になるバンドです。オフィシャル化されて全貌が明らかになるといいのですが・・・。

そして日が変わって29日も西新宿に足を向けてしまった!そして買ったのがこれら!
b0042308_002949.jpg
まず右上がJEFF BECKの2003年米国でのライブCD、サウンドボード音源で音が良いです。ビートルズの「A DAY IN THE LIFE」やお馴染み「蒼き風」「PEOPLE GET READY」を演奏しております。来日前にはうってつけのライブ音源¥3,600プレスCD。
右下がクラプトンの1983年ブレーメンでのライブ2CD:マネー・アンド・シガレッツ・ツアー、噂通り音がめちゃくちゃよい!これはもうオフィシャル級をではない、オフィシャルである!聴いてみて買って良かった一品でした!¥7,140。じみへんさん、またしても買ってしまいました。(笑)でもどうせ後から欲しくなるのは火を見るよりも明らかなので買って良かったです(笑)
左下がロジャー・ウォーターズ / 死滅遊戯、1992年発表。
ほかの音楽系ブログのみなさんも絶賛しておりました。タワーでもかなり売れている。ジェフ・ベックが12曲中7曲参加、その他スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロ、ドン・ヘンリー参加となれば、もうある時に買うしかありません。ピンクフロイドのアルバムと匹敵する位のコンセプトソロアルバムですね!
最後に左上が起死回生の逆転一発、ドリームジャンボ宝くじ連番10枚です。(笑)
あー、散財するとお腹すいてくるなー。その後食べた何かはまた明日ってことで!
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-31 00:29 | 新宿 | Trackback(2) | Comments(7)

久々ライブ MAZRIの祭

2005.5.29(日)16:45〜東京・日比谷野外大音楽堂 チケット代:指定¥5,000
出演
ROCK'N'ROLL GYPSIES(ゲスト大江慎也)
KOOLOGI
JERRY LEE PHANTOM
明星

久々の野音でのライブ。野音はいつ以来か?とにかく久しぶり。日本のバンド、特に若手バンドなんか最近観ないし聴かないしで???新しい音楽には保守的な僕ですが、お目当てのジプシーズ+大江以外のバンド聴いてみるか。

明星(あけぼし)はソロアーティストのようだ。昨年もこのイベントに出たらしい。キャラクターがちょっと控えめ過ぎ(苦笑)。音楽はよくわからん!メジャーの道は厳しいぞ。
2番目のJERRY LEE PHANTOM、名前からの想像ではSTRAY CATS風のロカビリーバンドと思ったが(勝手に想像するなって言われそう)、全然違う。音楽も例えが浮かばない。やっぱり僕には合わない。
3番目のKOOLOGI、これは意外で元ミッシェルガンエレファントのアベフトシが参加しているバンド、ウッドベース使ったりとこっちがロカビリータッチな面も。でもやっぱりアベには悪いがミッシェルを超えるのは茨の道だ。

そしてお目当てのロックンロール・ジプシーズ登場。メンバーは花田裕之、池畑潤二、下山淳、そしてベースは奈良敏博かな〜?(間違ったらゴメン)お客もほとんどがジプシーズ+大江目当てだろう。
やはりR&Bを下敷きにした花田のギターに自然と腰が軽くなる。やはりブルース・ロックのような音楽が僕には合っているようだね。
ジプシーズの曲(合間にストーンズ「カモン」あり)を一通り演奏した後、ゲストの大江慎也登場。場内盛り上がる!
そしていきなり「ロージー」、目を剥き出して歌う大江は最高だ。
そして
「ゲット・エヴリシング」
「恋をしようよ」
「Bye Bye My Girl」
「Fade away」
と初期ルースターズナンバー聴けてこちらとしても最高!とにかく準ルースターズである、ジプシーズ、ジプシーズ+大江で約1時間のステージでしたが初めて観るステージとしては満足です。これだけ観て¥5,000の価値は自分にとってあったと思います!
本当はもっと聴きたかったけどね、それは次のお楽しみにしておきましょう。野音でルースターズ単独ライブやってくれないかな!?

この夏には「RE:BIRTH2」として昨年のフジロックでのライブ全曲が収録されたDVDが8/24に出るそうです。石井総互監督の4時間のロック・ドキュメントだそうです。やっぱり出ますね!
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-30 00:34 | ライブ | Trackback | Comments(4)
到着日時 2005年5月29日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 ¥2,600(送料別)
備  考 紙ジャケ仕様、2005デジタル・リマスタリング
b0042308_11432932.jpg
待望のjeff beck / truthが最新デジタルリマスタリング、ボーナストラック8曲追加、紙ジャケで発売されました!

メンバーは、ジェフ・ベック、ロッド・スチュワート、ロン・ウッド、ミック・ウォーラー 、参加ミュージシャンとしてジミー・ペイジ、キース・ムーン、ジョン・ポール・ジョーンズ、ニッキー・ホプキンス。
1967年発表の最重要ブルース・ロック・アルバムです!とにかくこの頃の英国ミュージシャンのブルース傾倒は凄いですね、またブルースを自己流にうまく昇華させるのもさすがです。どのようにして昇華させたのか不思議ですが、それぞれ強い個性がぶつかりあった結果こうなったんでしょうね。ジェフのブルース・フィーリングには凄いものを感じます。
このブルース傾倒からZEPが誕生するのですから、とにかく凄い時代です。

やはりこの頃のロッドのヴォーカルは最強ですごく緊張感がありますね、今やスタンダードナンバーで歌って、新しいかみさんもらうなど悠々と暮らしておりますが、この頃の若い爆発力は、もう言葉では表せない程です!
またジェフとやってくれないかな?昔は一緒にロッドのソロツアーに帯同していたが、お互い強い個性の持ち主です、やはり途中でジェフが「やーめた」となってしまいましたが、お互い大人の対応と言うか原点回帰としてブルースロックやってほしいな!
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-29 12:06 | ディスクユニオン | Trackback(2) | Comments(5)
b0042308_0575412.jpg
今日はまたしても横浜を探索。お目当ては鴻昌のシュウマイです。(画像上:¥550)
このお店は日本初の本格派ブルース・ロック・バンド、ゴールデン・カップスのギタリスト、エディ藩さんがオーナーで昭和21年創業の老舗のお店。
今日はエディさん店番をやっておられましたので、会えました!嬉しかったな〜(喜)

このシュウマイ、お肉がたくさん詰まって美味しいですよー。結構お腹にたまります。普通シュウマイだとフワフワした感じですが、ここのシュウマイはぎっしりとした食感が最高ですね!また食べたくなりましたよー。お土産用シュウマイ買うべきでした。(泣)
b0042308_173383.jpg左が一緒に頼んだ豚バラそば¥750、豚肉がとろとろでこれまた美味しい。ほどよい豚バラの甘さがいいですね。(画像ちょっと光ってしまった)
このシュウマイと豚バラそばでかなりお腹一杯になります。見た目より量は多いのがいいですね。お値段もリーズナブルだし、お店も静かでいい感じです。このようなお値段も手ごろで美味しい中華料理っていいよね!次も別の料理を頼んで堪能したいと思います。ご馳走様でした!
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-29 01:21 | 食べ物 | Trackback(1) | Comments(7)
b0042308_0371775.jpg
本日のサッカー観戦前に腹ごしらえ。当ブログで神保町「まんてん」のカツカレーを取り上げるのは今回が2度目。前回は11月11日でした。今回は再び並盛りではつまらないので大盛り!にチャレンジしちゃいました!
上の画像がその大盛りカツカレー¥600です。見よ!この溢れんばかりのカレーソースを!そしてこのカツの厚さを!
中央が盛り上がっているのはきっとご飯の山でしょうな。マスターが皿に盛るご飯の量に一瞬ヤバイと思いましたが、食べてみるとやはり美味しいからパクパクいけちゃうんですね(笑)隣のお客さんは並のカツカレーでしたがそれがミニに見えましたよ〜。(並でもそんじょそこらのお店では大盛り級です。)
よって瞬く間に胃袋の中に吸い込まれてしまいました!よし!次はその上のジャンボ(!)に挑戦しようかな???
相変わらずの美味しさ、僕が入店した時は満席でしたよ!このオーソドックスなカレーソースとたっぷりのひき肉が最高!
この記事で何回もカツカツって述べているのに、日本負けるな!
b0042308_0363315.jpgちなみにこれが並盛りのカツカレー、ご飯の量が違うでしょ?
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-28 00:38 | 食べ物 | Trackback | Comments(9)
キリン杯 19:20〜国立競技場 観衆53,123人 日本0-1UAE
得点(UAE)アロ
b0042308_23423216.jpg
久しぶりの国立競技場でのサッカー観戦である。ひも解くとナビスコ杯決勝FC東京-浦和レッズ戦以来かー。昔はW杯予選ここでやったんだよな。今は監督がやだって言うから・・・って話が変な方向に行きそう。
もう最初から点は入る気しませんでした、決定的なシーンもどうせダメだろうって思いましたよ、ああやっぱり入らないか〜って。
この連敗、予選じゃあなくて良かったねー。この2試合でダメダメな膿を出したと思えばいいでしょう、それを修正して本番に臨むしかありません。手の内明かさなかったと言えば聞こえはいいですけど、それでも2試合で1点は取っているだろ?それにしてもカウンターでやられ過ぎ!まあこれもダメダメな膿ってことで、修正修正また修正ですね。来週頼みますよ!本番で同じこと繰り返したら大変なことですよ!

最近思うが日本代表の選手紹介、あれは気にらない。なんだか安っぽいヘヴィメタルサウンドで選手の写真がフラッシュバック、そして紹介。あの間が鼻につくんだよね。昔みたいに写真だけで紹介した方が盛りがるのに。
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-27 23:59 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(6)
本日、何気なくタワーレコードのHPを見たらビックリ!
なんと香港ギャグ映画の「Mr.BOO ミスターブー」がDVD化、それだけでは大したことないなんと、あの広川太一郎氏の吹替え版として発売されるではないか!しかも4作も!そしてディジタル・リマスターも!これでヤフオクで人気のブートDVDとはおさらばですな!祝!オフィシャル化。
まあ「新Mr.BOO鉄板焼」に吹替えが無いのは残念(権利クリアー出来なかった?)だが、それを差し引いてもこれは決定版ですので、あの広川氏のアドリブ全開の吹替えを聴きたいなら速攻で初回5000セット限定のボックスセットを買いましょう!とにかく広川氏のアドリブ吹替えは最高に面白い!日本人なら字幕版より吹替え版の方が数億倍面白い!って言われますからね。なんで面白いんですかね、これはまさに大衆の人間国宝ですよ!広川氏は!(笑)

いやー、ボックスは買えないようって方にはバラ売りもします。そこで1枚を上げるなら第1作でしょう。
マイケル・ホイが広川太一郎氏ならサミュエル・ホイはビートたけし!、リッキー・ホイはビートきよし!が吹替えをしておりますつまりツービートが吹替えをしているんですねー、これは見物(みもの)いや聴き物ですな!(笑)
それにしても発売決定までの経過は大変だったことだろう、よく権利をクリアーしましたよね!
また「Mr.BOOギャンブル大将」のサミュエル・ホイの声は富山敬氏です。これまた広川氏とのやりとりが面白いでしょうな。8/26発売、興味ある方はすぐにネットショップあるいはお近くのショップへ直行!
来月は「8時だよ、全員集合!」再来月は「川口浩探検シリーズ」そして8月は「Mr.BOO!」とこのリアルタイム世代の僕達にとっては最高のリリースですな!(財布の紐が緩みっぱなしです!)
ちなみに5作品は以下の通りです。

「Mr.BOO!ディジタル・リマスター版」
「Mr.BOO!インベーダー大作戦」
「Mr.BOO!ギャンブル大将」
「新Mr.BOO!アヒルの警備保障」
「新Mr.BOO!鉄板焼」(これだけ吹替えなし)
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-26 22:51 | DVD | Trackback(2) | Comments(4)

marvin gaye at the copa

購入日時 2005年5月 1日
到着日時 2005年5月25日
購入場所 www.hip-oserect.com
購入価格 19.98$(送料別)
備  考 1967年発表 デジパック仕様 サイトオンリー商品
b0042308_23295992.jpg
やっぱり気になって買っちゃいました!MARVIN GAYEの1966年8月12,13日NY COPACABANAでの実況録音盤が今や音楽ファンで知らない人はいない?ヒッポ・セレクトより到着。今回は発注して25日経ってようやく到着した。(いつものことっちゃあ、いつものこと。)
1966年はもう彼はモータウンでいい地位を確立していたと思うが、このライブ盤を聴いてみるとジャズやスタンダードナンバーが多い。バックがビッグバンドだしね。モータウンの曲は何曲かあるが、代表曲がメドレーで歌われている。
しかし、「what's goin' on」ニュー・ソウル前の若きマーヴィンもなかなかだ。歌いまわしはカッコいいし、客受けもなかなか良いね。やっぱりモータウンの曲が素晴らしくてメドレーですがスティーヴィーのUP TIGHTからマーヴィン自身のHITCH HIKEは最高である。やっぱりマーヴィン・ファン、ソウル・ファンは買わないといけないかも。そう言えばモータウンのライブ盤で意外や未CD化作品が多いみたいだから、今後期待ですね!限定版ですがそんなにすぐには売り切れにはならないでしょう、興味ある方は是非!
b0042308_23431629.jpgバックジャケです。若き日のマーヴィン、カッコいいっす!
b0042308_23444327.jpgおまけでマーヴィン・ゲイ・コースターが付いておりました。もちろんヒッポ・サプライズ・ボーナス・アイテムとしてメモ帳もまた来ました〜、ありがとう。
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-25 23:52 | 海外ネット通販 | Trackback(1) | Comments(4)
購入日時 2005年4月29日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 ¥1,995
備  考 1970年発表
b0042308_2255181.jpg
1969年、アストラッド・ジルベルトが日本文化に大変興味を持ち、本人の希望で実現した全編日本語のアルバムがいつのまにか復刻されていた。アストラッドのHPにも触れられていないアルバムらしい。(本人憶えていない?)やはりネットではなく足を運ばないとこのようなCDは見のがしがちである。再発売が2003年6月らしいが、タワーレコードでは「幻のアルバム!」ってかなりプッシュしておりましたね。当方、「幻の」とか「限定」と言う言葉に弱いですね。
録音は東京&ニューヨーク、バックが全て日本人らしい。今ではほとんど見られない日本主導のアルバム制作でしょうか?アストラッド頑張ってレコーディングしましたね。
曲目は

1.ストリート・サンバ
2.愛した愛が好き
3.生命のかぎり
4.白い波
5.愛と悲しみ
6.恋のスノー・ドルフィン
7.イパネマの娘
8.マシュ・ケ・ナダ
9.黒いオルフェ
10.男と女
11.パリのめぐり逢い
12.いそしぎ

で1〜6曲が日本の曲、7曲から12曲が海外の曲。日本の曲は一応ボサノヴァ・テイストに編曲しているが、曲調からしてやはり歌謡曲っぽくなってしまうなー、中にはソフト・ロック風味もあるね。まあアストラッドが歌謡曲歌うのもめったにないことだから、これはこれでいいと思う。
海外の曲でも日本語で歌っております、こちらはボサノヴァで良いですね。超有名曲「イパネマの娘」やフランシス・レイの「男と女」なんかいいよー。
と言った具合に色々な音楽好きな方々には楽しめるのではないでしょうかねー。
このような日本主導のアルバム、もっとあるようだからどんどん復刻してほしいですね。(と言っても権利が複雑すぎて難しいかな?)
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-24 23:20 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
購入日時 2005年5月22日
購入場所 ブックオフ八王子めじろ台店
購入価格 ¥750-¥50(割引券使用)=¥700
備  考 輸入盤 2000年再発 スリップ・ケース付 オリジナル1977年発売
b0042308_2324449.jpg
昨日紹介したロッドのアルバムと一緒に買ったのがこれ。元フリート・ウッドマック、元パリスのボブ・ウェルチの代表作「フレンチ・キッス」。(ジャケの女性、フレンチ・キスには程遠いチュウ?)
このCD、国内盤ははるか昔に廃盤、輸入盤も現在は意外と手に入りにくい状況だそうだ。それをまたカス盤コーナーで見つけたのはラッキー!
発表は1977年、フリート・ウッドマックのメンバー(ミック・フリートウッド、リンゼイ・バッキンガム、クリスティン・マクヴィー)もレコーディング、プロデュースに関わっております。AORアルバムと言われますが、聴いた印象ではそんな甘めではない。敢えて言うならばポップ・ヴォーカル・アルバム、聴きやすいアルバムだと思いますね。そろそろリマスターされて発売してほしいけど、「売れない」理由でダメなんでしょうかね?
ここからはこのアルバムと関係ないお話。このCD、なぜか洋楽のアルファベットOのコーナーにあったのです。たぶんスリップケースに記載されている「THE ORIGINALS」がアーティスト名だと思ったんでしょうね。(笑)ブックオフにはよくあるパターンで、昔ピンク・フロイドの2枚組ベスト盤「エコーズ」が辻仁成(つじじんせい)率いるエコーズのコーナーにあって帯付¥1,250という破格値で売っているのを買ったことがあります。(笑)ブックオフの店員さん、最高!
by daisuke_Tokyocity | 2005-05-23 23:43 | ブックオフ | Trackback | Comments(4)