無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

テヘラン アザディ競技場 NHK BS7で観戦
イラン2-1日本 得点(イラン)ハシェミアン2(日本)福西
それにしても凄いイランサポーター、1階席は格安、2階席はなんと無料、日本では考えられないね、まあこれもお国柄で面白い。
試合はまあしょうがないの一言、まだ1勝1敗で残り4試合ある、気持ちの切り替えが重要だね!(同点になってからのリズム良かったんだけどなー)
日本にとって8年ぶりのアジア予選、2002korea-japanでサッカー好きになった方々は予選初体験ですね、8年前の仏予選、12年前のドーハ、どれもスリリングでした。今回もスリリングになりそう、このスリルを楽しまない??
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-26 01:28 | スポーツ | Trackback(3) | Comments(4)
購入日時   2005年3月24日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥3,990-¥500(amazonギフト券)=¥3,490
備  考   コカコーラ書き下ろしCMソング集
b0042308_21252763.jpg
この真っ赤なコカコーラカラーに目を奪われますね。
1962年から1989年までのコカコーラCMソング集がアマゾンより到着。なぜ1989年までかと言うと1989年までは全てコカコーラCMのための書き下ろしだったようです。1990年以降はタイアップでCMと直接関係ないから省いたとか。やはり90年代以降の音楽はすたれるのかー、書き下ろしとタイアップ全く異なりますからね。今のアニメソングはみんなタイアップ、あれはアニメソングじゃあねえ!
話が脱線しました。6ミリオープンリールマスターを使用、また貴重なCMヴァージョン収録で素晴らしい仕事であることを感じた。松山千春等は残念ながら権利クリアー出来なかったみたいね。
そして帯でJ-POP云々記載されておりますが、ダイアナ・ロス(!)やB・J・トーマスも収録。で注目しちゃうのが80年代前後、80年代の幕開けは、当時ザ・ベストテンでは(CMソング)って紹介された「THIS IS SONG FOR A COCA-COLA」の矢沢永吉、この頃の矢沢、けっこういいソングライティングしています、ヨロシクー!YES COKE YESの「YES MY LOVE」は矢沢AOR路線でなかなかいい!(と言うと過激な矢沢ファンから怒られそうだが)
他にも早見優(夏色のナンシー)、佐藤竹善の「I FEEL COKE」がいいね。
確かアメリカでもこんなようなCDリリースされ、当方宅にもあるのだが時間がなく見つけることが出来なかった。(ガクッ!)いつか必ず紹介したい。まあ取りあえずはこの日本のCM集でお楽しみを!
b0042308_21412159.jpg色合いもなかなか!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-25 21:45 | アマゾン | Trackback | Comments(8)
購入日時   2005年3月19日
購入場所   タワーレコード八王子店
購入価格   ¥2,625
備  考   紙ジャケット仕様
b0042308_13132026.jpg
VIVIDはいい仕事するなー。1977年リリース、石川県金沢市出身の3人組マザー・グースの2枚のアルバムが紙ジャケ&リマスターで再発、1990年に東芝EMIが初CD化らしいが、売っているの見たことありません。また金澤寿和著「Light Mellow 和モノ669」で紹介され、再評価されたのだろう。今回はそのセカンドアルバムを紹介、ちなみにジャケットデザインはユーミンです。
実際聴いてみると、吉川忠英&ラストショーのバックで洗練されたCITY POPを展開しております。疲れた夜に聴くと、癒されますよー。
またボーナストラックに入っている「マリン・ブルー」はシングル・バージョンでアルバム・バージョンと完全別物!山下達郎のプロデュースにバックはティン・パン・アレイ+中野督夫(センチメンタンル・シティ・ロマンス)+山下達郎でこれまた更に洗練度増倍!このシングルバージョンがCD化になっただけで買い!です。
リリースが1977年、ちょっと早すぎたかな?明らかにボズ・スギャッグスの「シルク・ディグリーズ」に影響されているのは確かですな。でも誰かがやらないと、日本の音楽も発展しないですからね、これは画期的なことなんでしょうね!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-24 13:33 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(8)
到着日時   2005年3月17日
購入場所   オークション
購入価格   ¥1,700(送料込)
備  考    1993年独レパートワー社リリース
b0042308_0175648.jpg
最近、DVDとCDのセットで発売された映画「SOUL TO SOUL」、当ブログでも3/15の記事及び3/19の記事で紹介しております。
今回はこのセットが発売に先駆けること12年、1993年ドイツのレパートワーからリリースされたオリジナルサントラ盤をオークションで落札した。
独レパートワーからリリースされていたのかー、と思いました。このオリジナル盤リイシューには今回発売されたライノの2004年ヴァージョンのサントラに比べ、ロバータ・フラックのパフォーマンスが2曲は入っているのがポイント。
音の方は、う〜んやはり音圧の高いライノのリマスター盤の勝ち!ジャケットはこちらの方がいいなー。
でも総合で判断すると、ロバータ・フラックの曲がなくてもライノのDVD&CDセットが断然お得!ってやつですね!(でもこれはこれでいいよな〜、ってどっちなんだよー)
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-23 00:39 | オークション | Trackback | Comments(6)

Hip-oselect 日本は買えそう

3/10の記事では3/15をもってユニヴァーサル系人気海外通販サイトhip-oselectが北米のみの通販に切り替わると書きましたが、萩原健太氏のホームページによれば、通販制限エリアは英独仏のみだそうです。
3/9付Hip-oからのメールでは北米のみって思われちゃうよなー。と言うことは日本はOKのようですね。
なんかHip-oと欧州ユニヴァーサルと一悶着あった模様です。
しかし、萩原氏のHP同様、これは対岸の火事ではなく、いずれか日本もダメなんてこともありそうだから、あーよかったって安心してはいけませんな。
もしかして3/15前に駆け込みで買っちゃった方、いますよね?(笑)まあ結局買うと思われるのでいいですよね!
ちなみに当方も、デヴィッド・ラフィン、ジョニー・ブリストル、マーサ&ヴァンデラス注文しちゃいました。
これでモータウン・シングル・コレクション買えるよ〜(って安心してはイカンちゅうに)
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-22 23:30 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(4)
購入日時   2005年3月19日
購入場所   ブックオフ八王子駅北口店
購入価格   ¥2,350−¥250(ブックオフセール)−¥50(割引券)=¥2,050
備  考    3枚組 CD選書シリーズ 帯付 山口百恵さよならコンサート
b0042308_9592248.jpg
久々ブックオフネタです。最近発掘出来ないんですよー、まああまり回っていないのが本音ですがね。

今回は1980年10月武道館で行われた山口百恵さよならコンサート3枚組実況録音盤、もう今年で25年か〜、早いなー。
山口百恵のCDリリース状況ですが、最近はあのすごいBOXSETを筆頭にオリジナルアルバムがハイブリッドCDで復刻等、アイドル歌手としては当然ですが、いい扱いです。
しかし!このようなライブアルバムは1993年の発売以来復刻されていないんですよね、理由はわかりませんが、このような当時の記録はみんなの共有物(byライノレコードスタッフ)だから、頑張って再発してほしいね、他にも「百恵ちゃん祭」とかあるから。

内容はもう言う間でもない、当時はTV中継までされましたからね。エンディングの「さよならの向こう側」には涙なしには聴けません、DVDも出ているようだからこれは「観る」方もマストですな。今はこのような素晴らしいアイドル歌手は出て来ないでしょうね、みんな小粒小粒。

それにしても山口百恵はすごい!引退後作詞でちょっと表に出たくらいで、引退後は一切TVに出ない。普通の女の子に戻りたかった3人組(彼女たちは好きですよ)も、普通のおばさんに戻りたかったあの方も、ほとんど復帰していますからね。事情はどうあれ、そんな確固たるポリシーは素晴らしいと思います。
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-21 10:16 | ブックオフ | Trackback | Comments(6)

DAVID BOWIE / DAVID LIVE

購入日時   2005年3月19日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥1,968
備  考    NON CCCD VIRGIN USA 2枚組、ディジタル・リマスタリング
b0042308_22173555.jpg
31年前の1974年フィラディルフィアでこんなにスリリングあるライブがあっただんなんてー!
DAVID BOWIEの1974年ツアーを記録した「DAVID LIVE」がディジタル・リマスターで復刻された。それにしても2枚組でこの安さ!米国盤はNON CCCDでアマゾン価格でなんと¥1,968、国内盤はCCCDで¥3,670、どっちがお得かよーく考えてみよう!(欽ちゃん風)もちろんちゃんとしたCDの米国盤に決まりですね!裏ジャケにはコピーしたらFBIが監視してますよーって注意書きが、いいね。
脱線してしまった。このCDジャケはクリアーで前回再発時はBOWIEが病人みたいでやばそうな表情でしたが、この表情では内容同様、いいパフォーマンスしております。また付属のブックレットを見ると見たことのない写真が満載です。
やっぱりこの頃(70年代)のBOWIEはいいなー、中性的な怪しさ、充実したライブ、魔法のように浮かぶソングライティング、そしてカッコよさ抜群!70年代のライブアンソロジーなんか出してくれるといいなー。とにかくこのUSA盤買い!ですよ。(ネット以外の店頭売りではタワー、HMVは輸入盤でもCCCDしか売らないし、ディスクユニオンはNON CCCDでも¥3,600ですから、アマゾンでの購入をお勧めします!)
b0042308_22343175.jpgデジパックを開くと御覧の通り!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-20 22:37 | アマゾン | Trackback(2) | Comments(14)
3/15の記事ではCDのみの感想でしたが、本日DVD鑑賞したのでそれの感想を述べます。
やっぱり観なきゃね!と思いました。
b0042308_23344746.jpg
オープニングのティナ・ターナーがここでしか歌ったことのない「SOUL TO SOUL」でスタート。
ガーナへ向かう飛行機の中、黒人のアメリカ人達が「故郷へ帰る気持ちだ」と高揚しているシーンで熱くなり、ガーナの人たちの交流がいい雰囲気を醸し出しておりました。
(ストレートパーマのティナ・ターナーは浮いていたが、だんだんガーナ人が奏でる民族音楽にはまっていく)
実際のライブ(海辺のステージでした。)では、ガーナの人たちものすごく静か、民族ダンスですごいのではないかと思いきや、解説を読むと「ダンスは厳格かつ格式ばったもの」なのでやたらめったら踊らないのだそうだ。
しかしその抑圧した雰囲気を午前4時!を回ってのウィルソン・ピケット大先生のソウルがガーナの人たちの気持ちに火をつけた!ピケットの18番「ダンス天国」ではまさにビッグ・ヒート、ステージに数人上がるわで大騒ぎ!後日、ピケットは「人生で最もエキサイトしたステージ」と言っております。これぞ、まさにSOUL TO SOUL! 魂から魂へと受け継がれる瞬間だね!
他にも映画のみ収録のサンタナの演奏が素晴らしい!ラテン・アメリカテイストにアフロ・ビート、スリリングな演奏にしびれましたよ!当時17才のニール・ショーンも頑張っておりました。他にも奴隷城の訪問等書きたいこといっぱいあるんだよなー。
それにしても映像はきれいで、音もいい!この再発プロジェクトを立ち上げて9年目でようやくリリース、プロダクション・ノートには「我々は音楽の大ファンであり、またこの素材は世界のみんなに共有してもらうことだ、これからもこのスタンスを基準として再発させたい」と素晴らしいことばで締めている、ライノのスタッフってなんて素敵なんだろう!ライノのスタッフに乾杯!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-19 23:38 | アマゾン | Trackback | Comments(4)
購入日時   2005年2月26日
購入場所   ディスクユニオン通販
購入価格   ¥8,190
備  考   4CD
b0042308_22224293.jpg
今から31年前に福島県郡山市で行われた「ワンステップフェスティバル」が31年の時を超えて発売された。当初は3枚組で発売がなんと4枚組に変更しての発売。
驚きなのはよくもまあテープが残っていたなーってこと。このCDから熱い日本のロックを堪能出来ます。主な出演メンバーは
沢田研二&井上尭之バンド、サンハウス、ダウンタウンブギウギバンド、外道、サディスティック・ミカ・バンド、クリエイション、イエロー、ゴールデンカップス、上田正樹、四人囃子、かまやつひろし、内田裕也等。
また今回のCD収録を見送られたのが、キャロル、シュガー・ベイブ等。
テープは実際に20時間分も収録したらしいのでもっと音源があるようです。
この歴史的なフェスでの音源を聴いて、当時の熱い息吹を感じます。みんなノー・ギャラだったみたい。
まとめ役の裕也さんこと内田裕也氏のインタビューによると、当時渡辺プロ所属のジュリーをノー・ギャラで出演させるのは大変だった(渡辺プロが許さない)とか、キャロルも出演交渉が大変だったようです。(インタビューでは矢沢に「ギャラねえからな!」とかなり念を押した模様)
それでも、ノー・ギャラでもみんなで盛り上げようと言う団結力はアーティスト同士あったようです。
「今のロック・シーンは全てカネカネカネでつまらん」と裕也さん、嘆いておりました。また「地震があった時くらい、矢沢や桑田とかがノー・ギャラで集まって何かやるべき」とも言っておられましたね。確かに今の音楽シーンでそう言う団結心ってないかもね。
b0042308_22434485.jpgディスクユニオンで購入するとワンステップフェスのスタッフTシャツ(レプリカ)をプレゼント!

このCDを出したDEAD FLOWERというレーベル、今後のリリースとして
裸のラリーズ・ライブ(CD)
アトミック・カフェ・フェスティバル1984(ルースターズ、ばちかぶり、白竜)(DVD)がリリースされるようです。期待できますね!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-18 22:51 | ディスクユニオン | Trackback(2) | Comments(12)
購入日時   2005年3月17日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥3,675
備  考    1975年4月13日日比谷野音での解散ライブ・ドキュメント
b0042308_22381325.jpg
3/15に矢沢永ちゃんが、裁判でこのDVDを発売したユニーヴァーサルに対して、損害賠償及びDVD販売の差し止めを勝ち取った。「ユニヴァーサルに対して販売は許可していない」と言う言い分が認められたらしい。
前から買おうと思ってもう2年経っていたが、今回の裁判で販売差し止めとなると、ヤバイ!と思い在庫確認が出来たアマゾンに速効注文して本日到着した。(購入動機がすごく不純ですな。ユニヴァーサルも控訴するので販売差し止めは解除されると思うが)
ちなみに一晩経ってアマゾン見たら、もうお取り寄せとなっておりました。

このDVDの素材がテレビ・ドキュメント、これでは権利クリアーは凄く複雑、ユニヴァーサル側はこちらに著作権があると言っても矢沢側は認めてねえってことだろうね。
また最近の永ちゃんもキャロル音源、映像の使用許諾はもの凄くシビア、先日発売された「郡山ワンステップフェスティバル1974」CD&DVDでも許可しなかったしね。キャロル時代は抹殺したいのかな〜?これではオリジナル・アルバムのリマスターも当分なさそう。

法律は当然守らなければいけませんが、不良系バッドボーイズ・ロックの元祖(その路線を受け継いだ当時クールスの舘ひろし、岩城滉一も出ております。)です、音楽的にも文化的にも重要な存在ですよー、キャロルは〜。ですので、発売元と十分に話し合って解決してもらいたいです。ファンはやっぱりキャロルの矢沢を観たいからね、そこんとこヨロシク!(矢沢風でした。)
b0042308_2256874.jpg
TVK「ヤングインパルス」でのお宝映像も収録されています!
by daisuke_Tokyocity | 2005-03-18 00:10 | アマゾン | Trackback(1) | Comments(10)