無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:国内ネット通販( 863 )

到着日  2017年9月13日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1SHM-CD ¥2,700
備  考 オリジナル1982年、2011年DSDマスター仕様
b0042308_00340229.jpg
ドナルド・フェイゲンのAOR名盤ナイトフライがやっとこさ紙ジャケされました。以前は発売アナウンスが一度有ったものの、諸般の事情で発売中止となりましたが、この度めでたく紙ジャケ化です。
マスターは2011年DSDマスターを使用しており、煌びやかで木目細かいアレンジの楽曲群の音質が素晴らしい。
オープニングから湿度の低いアレンジは清涼感たっぷり、特にニュー・フロンティアは一晩中聴いていても飽きない、日本の音楽にも多大な影響を与えたAOR金字塔ですな!
b0042308_00340966.jpg
バックジャケです。
b0042308_00341846.jpg
インナーも再現しております。紙ジャケで欲しかったアルバム、発売まで時間かかったけど出て良かった!
ドナルド・フェイゲンと言えば
b0042308_00342538.jpg
9/22に名古屋国際会議場センチュリーホールでのライヴへ行く予定でしたが残念ながらご本人の急病でキャンセルとなってしまいました。本当に来るのかな?と思っていたけどこれは仕方ない。フェイゲンも69歳、高齢者は予定が変わってしまうことはよく有ることなので受け入れることにしましょう。いつか元気になったら来て欲しいな。フェイゲンのホール・コンサート、聴きたかったな~。ナイトフライはライヴで聴くとどんな世界だったのかな??年一の名古屋遠征でしたが、また違う機会に行きましょう。

9/20追記
b0042308_01393404.jpg
CDのレーベル・デザインです。


by daisuke_Tokyocity | 2017-09-18 01:01 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(12)
到着日  2017年9月8日
購入場所 楽天ブックス通販
購入価格 1CD ¥2,235(定価¥2,484の10%OFF)
備  考 オリジナル1979年、最新デジタル・リマスタリング
b0042308_16434314.jpg
フォークの神様、岡林信康のビクター/インヴィテーション移籍第1弾が紙ジャケ、最新リマスタリングで再発です。ディラン・チックな岡林さん、良いね。ディランのようにフォークからロックってイメージは無くて岡林さんは元々フォークと言うかロック的なアプローチだったよね。

ここでは全作詞・作曲は岡林さんで、ワイルド・ワンズ、MMPの渡辺茂樹がプロデュース&アレンジ担当、スライドギターもあったりしてはたまた歌謡ロックテイストも有りながらもアメリカン・ロックのアプローチでアルバム制作してますね。

資生堂のCMソングにもなった Good-bye My Darling は岡林さん、優しい声で歌っております。この曲聴きたくて買ったから良かったよ。ボートラでアルバム未収録でドラマのエンディングにもなったGの祈りやGood- bye My Darling のシングル・ヴァージョン収録も嬉しいね。
アルバム・タイトルの街はステキなカーニバルや君に捧げるラブ・ソングの優しい歌詞、優しい声は意外性ながらも素敵だよ。
b0042308_16435194.jpg
ディランな岡林信康、そのまんまで良いよ(笑)
b0042308_16440438.jpg
シングルのGood - bye My Darling や Gの祈り のシングル・ジャケットも付いておりました。
最近、紙ジャケ情報に疎いな~。これも発売は3月だけど昔みたいに予約で売り切れってことが無いから気軽に買えます、マニアしか買わないし(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2017-09-11 17:03 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年9月6日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 2CD ¥2,700
備  考 オリジナル1983年、83年9月23日 日比谷野音 最新デジタル・リマスタリング
b0042308_22432696.jpg
サンハウスの83年9月の再結成ライヴ完全版が二度目の再発です。しかも、タワーレコード限定再発です。当ブログでも過去に最初のリリース時でも取り上げております。

曲数変更なしですが最新リマスターってことで買い直し決定!でも帯は2008年仕様が当時のアナログの帯だと思うのでこちらの方が良いな。

まあサンハウスは高校生の時に知ってあまりにカッコいいので今でも好んで聴いちゃいますね。なので持っていても再購入です。あと、解説が新規となっておりました。

洋楽はそうでもないけど、邦楽は昔から好きって数える程度になったな。今でも現役で活躍しているあの人やあのグループはホント、聴かなくなったな。邦楽は大衆性が強い程拒否反応しちゃうみたいだ、国民的ってなると特に...、但し、女性アイドルは除きます(笑)
b0042308_22433356.jpg
オフィシャルでは珍しい完全収録でして、しかもヴォーカルの菊さんがミスするヴォーカルもそのまんまだから差し替えも一切行ってませんね。アンコールの間もカットなしです。

菊、鮎川誠、奈良敏博、浦田賢一の4人編成でサイド・ギターなしだから鮎川さんのギター、凄いです!鮎川さんのギター・プレイ、34年前もそして今でも大好きですね。奈良さん、浦田さんのリズム隊も緊張感あって良いや。
音質は2008年版と比較していないですが、リズム隊の音がくっきりした感じだね。鮎川さんのギターもドライヴ感あるし、菊さんのヴォーカルも攻撃的です。前座のARBやルースターズの音源も有るはずなんだけどな~。

菊さん現在70歳!、鮎川さん69歳!益々元気!男は元気じゃないとね。
サンハウスはずっと聴き続けるだろうな~。

by daisuke_Tokyocity | 2017-09-10 23:10 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年9月5日
購入場所 シーナ&ザ・ロケッツ・オフィシャルサイト通販
購入価格 2CD ¥3,000 + ¥360 (送料)= ¥3,360
備  考 1973年3月12日 福岡市中洲 明治生命ホール サウンドボード録音
b0042308_05582988.jpg
日本の、福岡のブルース・ロック・バンド、サンハウスの貴重なライヴ音源がいつの間にか6月にリリースされていたので慌てて購入です、500枚限定です。たまたま見たシーナ&ロケッツオフィシャルサイトをチェックしたら売っていたのでびっくり!これは買わないとね。

当時のマネージャー、甲斐田寛氏所有の家庭用オープンリールテープをそのままCD化したもの。てっきり有りがちなオーディエンス録音と思ったらおそらく卓直結のサウンドボード音源ですね。

サンハウスにとってホールでのワンマンは初だったようで、オープニングのいかにも70年代らしいアバンギャルドなSEから始まってオリジナルのサンハウス・ショーからスタート、いきなり聴いたことのないオリジナル楽曲にびっくり。卓直結のサウンドボードとあってラフなミックスですが当時の空気も伝わる熱いステージですね。
アイム・ア・マンのようなブルース・ロックは似合います。オリジナルのキング・スネーク・ブルースはまだ荒々しさハードさんは無く、どちらかと言えば軽い感じです。オリジナル曲のブルース・フィーリングは最高!鮎川誠さんがヤードバーズのような曲をやりたかったんだ!って発言に納得ですよ。

結構、未商品化のオリジナル曲が多いのも嬉しい、そして終盤にはポップなカヴァー曲を演奏するサンハウス、なんだかカワイイ(笑)
日本ロックの文化遺産、よくぞこのテープをきちんと管理してくれましたね。
b0042308_05583660.jpg
このような日本のロックのアーカイヴはサンハウス、冨士夫さん、ルースターズ等よくリリースされるけど、他のバンドもリリースして欲しいな。あるところにはいっぱい有るんだよね、日本ロックのヴィンテージ録音が。
b0042308_05584747.jpg
このチラシもカッコイイ、サンハウスのアーカイヴ、どんどん出してくれ~。メンバーはリリースに対して抵抗ないみたいだし、こういうリリース歓迎!

by daisuke_Tokyocity | 2017-09-10 16:41 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年9月1日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1Book ¥5,940 - ¥500(クーポン券使用)= ¥5,440
備  考 1962~2015年、ソロキャリアも網羅、日本版限定2,000部
b0042308_23363856.jpg
ピンク・フロイド結成50周年で色々とリリースがあるようですね。あの大箱中期編は予定ないみたいだけど日本では紙ジャケが16年ぶりに再発決定でマニアは買い直し!紙ジャケ持っていないファンは嬉しいやら資金繰りどうしようか?と悩みどころ全開ですかね。

昨年の初期大箱を買った身としては、このピンク・フロイド全記録は買わないとって気持ちになったね。とにかくこれをまとめたグレン・ポヴィって方はスーパー・マニアですね。
1962年!のピンク・フロイド結成前のデイヴ・ギルモアのバンド時代等から2015年5月28日でのプレス・レポートまで53年間の見たことのない写真、ライヴ、リハーサル、レコーディング、全公演のセットリスト!(箱根アフロディーテまでセットリスト掲載)等ブート以外の全てを1冊に仕上げてしまったのです。日本公演のポスターも掲載しております。オリジナル・アルバムの紹介は英盤、米盤のみの紹介です。(紙ジャケ紹介は無い模様)

オール・カラーで¥5,940ですがファンには見応えあり!日本版は限定2,000部なので昨年初期大箱いっちゃったマニアはコレ必須です(笑)
b0042308_23364437.jpg
あまりにも膨大な量で全部読み切れない(笑)ブートを片手にチェックするのも良いでしょうね。奥が深すぎるピンク・フロイドの世界、気になったら買うべし!これ以上のピンク・フロイド本は無いですよ~!


by daisuke_Tokyocity | 2017-09-05 23:58 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)

原田知世 / Birthday Album +

到着日  2017年8月23日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1SHM-CD ¥2,160
備  考 オリジナル1983年(デビュー・アルバム)、2017年デジタル・リマスタリング
b0042308_00010667.jpg
原田知世さんデビュー35周年、35周年目で歌手活動が活発なのは意外でした。デビュー35周年を記念して彼女の正真正銘のファースト・アルバム"Birthday Album"が単品としては初のCD化です。
以前はベストアルバム扱いで別アルバムとして吸収されたり

2011年発表のBOXでオリジナル・フォーマットによる再発がなされたものの単品としては初CD化は意外ですね。今回の再発で更に「時をかける少女」「守ってあげたい」「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」「ずっとそばに」のオリジナル・カラオケを追加、曲順違えど初々しい知世さんの歌が楽しめます。ボックス持っているけどカラオケ追加、最新リマスターなら買わないといけませんね(苦笑)もう完全義務化されてます。

やっぱりユーミンと組んで正解だったね。知世さんの「守ってあげたい」「ダンデライオン」がしみじみとして良いんだよな~。1983年が蘇る、懐かしい気分に浸れたな~、8/23は本当に良い日だな100点満点だ!(笑)
b0042308_00013538.jpg
当時16歳の知世さん、やっぱりカワイイ!!
b0042308_00015183.jpg
当時の若き知世さんの写真も多く掲載されております。
あ、因みに35周年アニバーサリー特別限定盤のアナログ盤も買っちゃったよ(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2017-08-24 00:13 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年7月21日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥823(定価¥2,057の60%OFF)
備  考 オリジナル1977年(デビュー・アルバム)、2007年デジタル・リマスタリング
b0042308_23473160.jpg
日本のポール・マッカートニーこと杉真理のデビュー・アルバムがタワレコ通販限定で破格の60%OFFなので迷わず買うことにしました。1990年に再発、2007年の紙ジャケットも買い逃したし、言わば再発27年目!でやっと購入ですが、安いので買ういいきっかけとなりました(笑)

90年の杉さん本人のコメントが掲載されておりましたが当時はウィングスを意識した作りだったんですね。そしてミュージシャンには二つのタイプが居て、本心とは裏腹に自虐的に、過去の自分をけちょんけちょんmにけなしながら進んでいくジョン・レノン・タイプと、決して過去を(明らかな失敗でさえ)悪く言わないポール・マッカートニー・タイプとかが居るが、自分は後者の方と、ポールを意識したコメントしてますね。

そのウィングス指向のこのアルバム、バックも豪華、ドラムに青山純、RCサクセションに参加する前の新井田耕三、コーラスに竹内まりや、安部恭弘といったラインナップ、この頃はブリティッシュ・ポップとアメリカン・ミュージックの比率が5:5とのことですが、時おり観られるブリティッシュ・ビートが覗く杉さんの世界は最高だね。英語と日本語を上手く駆使してメロディに上手く乗っける手法はデビューから上手いね。
b0042308_23474609.jpg
若き杉さんです。あ、デビュー40周年、おめでとうございます。
初々しさもあり、そしてポップ・センスは早くも天才肌見せている杉さんのポップ・ワールドは大好きですね!
ナイアガラトライアングルVOL.2の頃の最初は佐野元春が好きでしたが時が経つと杉真理の音楽がもっと良く感じる今日この頃です。耳が変わったかな??(笑)

このタワーレコードネット限定の激安コーナー、見ているだけでも楽しいです。定価では触手が伸びなくても半額とかそれ以上ですとついついポチっとしてしまいます(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2017-08-20 00:44 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年8月9日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥3,024
備  考 オリジナル1972年~1987年、2005年発売、2017年最新デジタル・リマスタリング
b0042308_00085607.jpg
ザ・ゴールデン・カップスのリーダー兼ヴォーカリストの故デイヴ平尾氏のカップス解散後のコンプリート・ソロ・ワークスが12年ぶりに再発された。
実は7年前に

ブックオフで発掘しているのですが、2017年仕様は2枚組が1枚に、Wジャケットがシングルに、そして2017年最新リマスターとしての再発、2017年最新リマスターが購入のきっかけです。忘れて買ったわけではございません(笑)

あれから7年経過して聴くと、また曲に対する思い入れが違っていることに気づきます。
やはり「太陽にほえろ!」35話に使われた「僕達の夜明け」は哀愁帯びる昭和歌謡なイントロとギターソロが一層泣ける!「太陽とほえろ!」のショーケンと小泉一十三が夕焼けの海岸をこの曲をバックにはしゃぐように、夕焼けが眩しい海岸でこの曲が頭の中のバックで素敵な女性と歩きたい!そんな気持ちにさせてくれますね(笑)とにかくカッコイイ曲なので

名曲なのでYouTube貼りつけておきます。オリジナル1972年です。
その「僕達の夜明け」のB面で「傷だらけの天使」の最終回ラストに使われた「一人」もカッコイイですよ!

こちらはライヴ・ヴァージョンを貼りつけておきます。
昔のドラマスタッフは良い曲を挿入させますね。
蛇足ですが優作さん主演の「探偵物語」最終回ではダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「身も心も」が使われました。今のドラマのスタッフにそのようなセンス有りますかね??(笑)

ジュリー主演の「悪魔のようなあいつ」で歌われた「ママリンゴの唄」も染みるな~。

「悪魔のようなあいつ」からのシーンがYouTubeにありました!デイヴさん、歌っております!
b0042308_00092905.jpg
「僕達の夜明け」以降は時代に合わせた感があってセールスに苦戦を強いられたかもしれませんが今聴くと、味があって良いね。カップス解散後唯一のソロ・アルバム83年発表の「横浜ルネッサンス~ゼブラクラブとIDカード~」のポップ、ロック、ブルース、80年代独自の乾いたドラムの音が今聴くと新鮮ですね。李世福コネクションをバックに活き活きと歌うデイヴさん、カップスのメンバーや竹田和夫の作曲、阿木燿子、藤竜也の作詞とバラエティなエイティーズのデイヴも素敵です。

今生きていたら72歳、70過ぎてのデイヴさんのがに股歌唱観たかったな~。


by daisuke_Tokyocity | 2017-08-17 00:43 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日  2017年8月9日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD + 1 Limited Bonus CD-R ¥3,780
備  考 1976年8月27日 渋谷エピキュラス、8月30日 渋谷パレス座、12月11日 新宿LOFT 全未発表ライヴ音源
b0042308_23340063.jpg
冨士夫さんのアーカイヴスが素晴らしい!よくぞこのような日本のロックの文化遺産をきっちりと保管していて良かったですよ。存在では知っていたけど、実際の音は知らなかった冨士夫さんとゴールデンカップスの加部さんとのグループ、リゾートの短期間でのライヴ活動音源がびっくりのオフィシャル・リリースです。

スタジオ・レコーディングの話も有ったらしいけど結局は立ち消えとなってそのままグループも消滅したらようです。その後、加部さんはジョニー、ルイス&チャーに参加し、冨士夫さんには村八分を再結成し、直ぐに解散となって裸のラリーズに参加します。

曲は冨士夫さんのオリジナル曲に洋楽カバーを演奏してます。音質はAUD録音だと思うが思ったより良い音で聴けます。冨士夫さん、加部さんのギターはかなりラフ!ビートルズもカヴァーしたSlow Down や ゼムのグロリアは荒々しいですね。加部さんがギター弾いているのも珍しいでしょうね。ブート耳かもしれませんが歴史に遺る音源です。2枚組で聴けちゃうのが素晴らしい!
冨士夫さんオリジナル「漂う」のルーズでラフなインスト演奏がけだるさ全開でカッコイイね。
b0042308_23340732.jpg
バンドとしてのノリの良いんじゃないですかね。これでリゾートの音は打ち止めかな?冨士夫さんアーカイヴスは膨大の量みたいだからこのシリーズ、期待しちゃいます。
b0042308_23342085.jpg
goodlovin'の通販で買うと、初回限定特典CD-Rとして76年8月日付不明、渋谷屋根裏でのライヴ音源付です。ユニオンでも特典付きだと思った。買うなら特典付きがお得です!

by daisuke_Tokyocity | 2017-08-14 00:56 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日  2017年8月12日
購入場所 ローチケHMV通販
購入価格 1 7-inch アナログ・レコード ¥2,000
備  考 オリジナル1969年、タツノコプロ創立55周年記念&HMVレコードショップ渋谷オープン3周年記念7インチ
b0042308_13422625.jpg
タツノコプロは今年で創立55周年だそうですね、それを記念してまたHMVレコードショップ渋谷オープン3周年記念を兼ねてタツノコプロ制作の「ハクション大魔王」の7インチがほぼ当時のオリジナルフォーマットで驚きの7インチ復刻です。
ジャケットがカッコイイ!、緑青のボーダーなバックにサイケな壺から出てきた魔王とアクビちゃん、小学二年生のカンちゃんの壺柄のTシャツが渋い。なぜ後方に凶悪そうなゴリラが居るのが判らんがシュールで良いね(笑)
b0042308_13423472.jpg
A面が「ハクション大魔王のうた」、イントロのファズギターがカッコイイね。歌は嶋崎由理さんで現しまざき由理ですね。刑事ドラマ「Gメン75」のエンディング・テーマ「面影」を歌っていた方と言えば40代後半から50代の男女はピンと来るのではないでしょうか。

B面が「アクビ娘」、歌は当時12歳の堀江美都子さんです。12歳とは思えない歌唱力!この頃から歌がとても上手く声の伸びが素晴らしいです。ちなみにアクビちゃんの声はサザエさんのタラちゃんですね。ちなみにカンちゃんはサザエさん、魔王は大平透さんですね!ガキ大将のゲジゴンはジャイアンです(笑)他に豪華声優陣でしたね!

それにしてもこのオリジナル・ジャケットが楽しそうで良いね。¥2,000の価値あり。アナログ7インチに手を出しそうです(苦笑)


by daisuke_Tokyocity | 2017-08-13 14:24 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)