無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:海外ネット通販( 83 )

購入日   2015年12月28日
購入場所 live.brucespringsteen.net 通販
購入価格 10MP3¥0
備    考 1980年11月5日 米アリゾナ州テンピ、アリゾナ州立大 THE RIVER COLLECTION未収録ライヴ音源
b0042308_17385475.jpg

朝、メールを立ち上げたらlive.brucespringsteen.netよりメールが届いてまして、何やらボスからのクリスマス・プレゼントのようで先日、発売となったリバー箱の映像ディスク:80年11月5日アリゾナ州テンピ、アリゾナ州立大学公演の未収録曲10曲がMP3でフリーダウンロードで聴けます。やっぱりオフィシャルの映像は何らかの事情でカットしていたので、音だけでも追加は嬉しいですね。

収録曲は

1.DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN 5:08
2.INDEPENDENCE DAY 7:03
3.FACTORY 3:16
4.RACING IN THE STREET 8:30
5.CANDY'S ROOM 3:29
6.THE TIES THAT BIND 3:47
7.STOLEN CAR 4:50
8.WRECK ON THE HIGHWAY 4:56
9.POINT BLANK 7:57
10.BACKSTREETS 8:29

なんと10曲も!しかもボスのライヴには欠かせない重要曲も含まれているではないか!"DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN"や"INDEPENDENCE DAY","BACKSTREETS"は映像で観たかったな~。映像の状態が悪かったのかな??ライヴでのハイライトでもある「裏通り」はやっぱり外せないよ!迫力ある若きボスの「裏通り」は聴かなきゃね!

live.brucespringsteen.net に登録すれば誰でもダウンロード出来ます。
CD-Rでは18ドルのようだから、注文しておきますか!
by daisuke_Tokyocity | 2015-12-28 17:52 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(4)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_1733271.jpg

ディラン箱後半戦に突入!充実なレコーディング・セッション見学に聴いているこちらもエキサイトしますね。

そしてこの箱を海外通販で躊躇しているファンに朗報!
Sony Music Shopで40セット追加発売となりました。これがラスト・チャンス!やっぱり欲しいと思ったらいっちゃいましょう!
迷っているファンを煽りまくるぞ~!ってことで

なんと御大から予想外のクリスマス・プレゼントでございます、この箱を買うと1965年ツアーの未発表ライヴ208曲(MP3)をダウンロードコード付きのメールが届きます。アコースティック&電化セットでのコンプリート・ステージ・ライヴ音源もあること。時間にしてなんと10時間!これはブートも敵わないね。

当方には既に12/5にメールが届いておりますがまだDLしておりません、これはまたじっくり聴かなきゃいけませんね。御大、太っ腹ですね!出来れば将来パッケージソフト化してくれたら嬉しいけど(笑)そんなことよりこの太っ腹に大感謝です。さすが出し惜しみしない御大、これは他のビッグ・ミュージシャンも見習って、見直して欲しいですな(笑)

そしてブロンド・オン・ブロンド・プレ・レコーディング・セッションです。

DISC10

1. Visions Of Johanna – Takes 9-12 (11/30/1965) False starts.
2. Visions Of Johanna – Take 13 (11/30/1965) Breakdown.
3. Visions Of Johanna – Take 14 (11/30/1965) Complete.
4. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 1 (11/30/1965) False start.
5. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 2 (11/30/1965) False start, rehearsal.
6. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 3 (11/30/1965) False start.
7. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 4 (11/30/1965) False start, rehearsal.
8. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 6 (11/30/1965) Complete.
9. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 7 (11/30/1965) Breakdown.
10. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 8 (11/30/1965) Complete.
11. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 9 (11/30/1965) False start.
12. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 10 (11/30/1965) Released as a single in October, 1965.
13. She’s Your Lover Now – Take 1 (1/21/1966) Breakdown.
14. She’s Your Lover Now – Take 2 (1/21/1966) Rehearsal.
15. She’s Your Lover Now – Take 3 (1/21/1966) Breakdown.
16. She’s Your Lover Now – Take 4 (1/21/1966) Incomplete.
17. She’s Your Lover Now – Take 5 (1/21/1966) Rehearsal.
18. She’s Your Lover Now – Take 6 (1/21/1966) Complete.
19. She’s Your Lover Now – Take 7 (1/21/1966) False start.
20. She’s Your Lover Now – Take 8 (1/21/1966) Rehearsal.
21. She’s Your Lover Now – Take 9 (1/21/1966) Rehearsal.
22. She’s Your Lover Now – Takes 10-11 (1/21/1966) Rehearsal.
23. She’s Your Lover Now – Take 12 (1/21/1966) Rehearsal.
24. She’s Your Lover Now – Take 13 (1/21/1966) Rehearsal.

DISC9の続きである"VISIONS OF JOHANNA"でスタート、この段階ではブロンド・オン・ブロンドには収録決定していないようです。その後は50日程レコーディングを中断して年明けの1966年1月21日に再開、追憶のハイウェイ61でレコーディングしていた"Can You Please Crawl Out Your Window? "が復活、結局そのテイク10がシングルとして採用されております。歌い方がラフな方がこれまた良い。演奏がソリッドになってくるのが判ります。
そして"She’s Your Lover Now "テイク13と1日で13テイクレコーディングとこれまた調子良いですね。良い楽曲なのに結局採用はブートレッグシリーズですか~、月並みな言葉ですがかなりレベル高いレコーディング・セッションが伝わってきますね。

あと残り8枚、レビューします!(笑)
ライヴ音源のレヴューもしなきゃですね(苦笑)大変だ~!
by daisuke_Tokyocity | 2015-12-18 17:58 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(8)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_1322673.jpg

お待たせしました、ディラン・カッティング・エッジ・コレクターズ・エディションですがやっと半分の9枚目を聴きました(苦笑)

DISC9の収録曲は以下の通り

1. I Wanna Be Your Lover – Take 1 (10/05/1965) Fragment.
2. I Wanna Be Your Lover – Take 1 Edit 1 (10/05/1965) Complete.
3. I Wanna Be Your Lover – Take 1 Edit 2 (10/05/1965) Complete.
4. I Wanna Be Your Lover – Take 2 (10/05/1965) Complete.
5. I Wanna Be Your Lover – (10/05/1965) Rehearsal.
6. I Wanna Be Your Lover – Take 3 10/05/1965) Complete.
7. I Wanna Be Your Lover – Take 4 (10/05/1965) Complete.
8. I Wanna Be Your Lover – Take 5 (10/05/1965) Complete
9. I Wanna Be Your Lover – Take 6 (10/05/1965) Complete.
10. I Wanna Be Your Lover – Take 6 (mis-slate) (10/05/1965) Released on Biograph, 1985.
11. Instrumental – Take 1 (10/05/1965) Fragment.
12. Instrumental – Take 2 (10/05/1965) Complete.
13. Visions Of Johanna – Take 1 (11/30/1965) Rehearsal.
14. Visions Of Johanna – Take 2 (11/30/1965) Rehearsal.
15. Visions Of Johanna – Take 3 (11/30/1965) Rehearsal.
16. Visions Of Johanna – Take 4 (11/30/1965) Complete.
17. Visions Of Johanna – Take 5 (11/30/1965) Complete.
18. Visions Of Johanna – Take 6 (11/30/1965) Rehearsal.
19. Visions Of Johanna – Take 7 (11/30/1965) Complete.
20. Visions Of Johanna – Take 8 (11/30/1965) Released on The Bootleg Series, Vol.7, 2005.

レコーディングも一段落したと思いきや、早くも10月には次のレコーディングに入っております。ブロンド・オン・ブロンドのプレ・レコーディング期間でしょうかね。DISC9では"I WANNA BE YOUR LOVER"、ジャムセッションのようなインスト、"VISIONS OF JOHANNA"の3曲のみ、"I WANNA BE YOUR LOVER"はほぼ完成形となってますが世に出たテイクはレコーディングから20年後のバイオグラフなんですね。御大にとっては調整的なレコーディング??それから約2か月後に再開して後にブロンド・オン・ブロンドに収録される"VISIONS OF JOHANNA"のレコーディングがスタートしております。リハと完成したテイクがございますが世に出たのはレコーディングから40年後のブートレッグ・シリーズVol.7のリハですね。長丁場なレコーディングが予想されます、そんな状況でも若き御大、終始リラックスしている感が伝わってきます。

ようやく折り返し地点のコレクターズ・エディション、次は大作のブロンド・オン・ブロンドが待ってます!こりゃあ大変だ!!
by daisuke_Tokyocity | 2015-12-16 13:19 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日   2015年11月30日
購入場所 live.brucespringsteen.net 通販
購入価格 送料別2CD-R約¥2,800
備    考 1975年12月31日 米ペンシルバニア州フィラデルフィア、タワー・シアター
b0042308_3214064.jpg

若きボスの明日なき暴走ツアー、大晦日のカウントダウンライヴでございます。こんな良いライヴの音源が状態もよくちゃんと残っていたのですね。いや~、これは素晴らしい!
当時26歳!のボス、早くもボスの風格が出てきましたね、また声が若いところに未来あるパワーを感じます。
オープニングの"NIGHT"から痺れます。「凍てついた10番街」はちょっとペースを落としアレンジを変えての演奏です。やはり昔の曲は素晴らしい!マンフレッドマンの"PRETTY FLAMINGO"のカヴァーはレアですよね。「街で聖者になるのは大変だ」の長い演奏はもう26歳の域を超えてます。こんなライヴ出来ないよ。バックのEストリートバンドも若さ全開で初々しい。

終盤の「裏通り」、佐野元春のロックンロールナイトを思い出す「ジャングルランド」の疾走感からの「ロージー、カム・アウト・トゥナイト!」はもう盛り上がりっぱなし全開です。ラストは「サンダーロード」なんだね。
とにかくさすがオフィシャルの音が良いってヤツです、絶対プレスで出るべきだし、ライヴ・アンソロジーとして全部出しても買うファンはいっぱいいるでしょう!

なかなか聴けない若きボスの75年ライヴ、簡単に聴ける状況になることを望みます。
b0042308_3214540.jpg

ちなみに某ユニオンで買うと¥5,000以上です!!!
by daisuke_Tokyocity | 2015-12-03 03:35 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日   2015年11月30日
購入場所 live.brucespringsteen.net 通販
購入価格 送料別3CD-R約¥2,800
備    考 1980年12月31日 米ニューヨーク州ニューヨーク、ナッソー・コロシアム 

海外ネット通販だとちゃんと届くのか不安なマニアな方に贈る人柱企画でございます(笑)
昨日、忘年会から帰って来たら
b0042308_13134136.jpg

アメリカ、カリフォルニア州サンバーナーディーノから荷物が届いておりました。

届いたものはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2015-12-01 13:34 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(4)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_1303735.jpg

頑張って御大のカッティング・エッジ・コレクターズ・エディションを聴いております!DISC8に突入、でもまだ半分に達してません(苦笑)
「追憶のハイウェイ61」レコーディング・セッションも好調です。

[Disc8 - CD]
1. Desolation Row – Takes 1-2 remake (8/02/1965) False start/breakdown.
2. Desolation Row – Take 3 remake (8/02/1965) Breakdown.
3. Desolation Row – Take 4 remake (8/02/1965) False start.
4. Desolation Row – Take 5 remake (8/02/1965) Complete.
5. Tombstone Blues – Take 1 (8/03/1965) Complete. Vocal overdub.
6. Tombstone Blues – Take 2 (8/03/1965) Complete. Vocal overdub.
7. Tombstone Blues – Take 3 (8/03/1965) Complete. Vocal overdub.
8. Desolation Row – Take 1 (8/04/1965) Rehearsal.
9. Desolation Row – Take 2 (8/04/1965) Rehearsal.
10. Desolation Row – Take 1 (8/04/1965) Complete (with insert).
11. Desolation Row – Take 5 (8/04/1965) Complete master without acoustic guitar overdub. Released on Highway 61 Revisited, 1965.
12. Desolation Row – Take 6 (8/04/1965) Guitar overdub.
13. Desolation Row – Take 7 (8/04/1965) Guitar overdub
14. Tombstone Blues – Take 1 (8/04/1965) Harmonica overdub.
15. Medicine Sunday – Take 1 (10/05/1965) Incomplete.
16. Medicine Sunday – Take 2 (10/05/1965) Incomplete.
17. Jet Pilot – Take 1 (10/05/1965) Released on Biograph, 1985.
18. I Wanna Be Your Lover – (10/05/1965) Rehearsal.
19. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 1 (10/05/1965) Fragment.
20. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 2 (10/05/1965) Fragment.

このディスクではオーバーダブをしております。アコギでしたりハーモニカでしたりと、オーバーダブで音の厚みが増してきます、時折、御大の会話が聴けますね。
中にはほぼ完成形に近いものがございますね、そして65年8月4日で追憶のハイウェイ61レコーディング・セッションは終了のようでその2か月後にレコーディングを再開しております。かなり忙しそう、10月のレコーディングはブロンド・オン・ブロンドの準備段階のようで、準備期間から本格的なレコーディング期間は何と約半年、御大の気合いが凄まじい!若いから体力は十分!こちらとしても気合いで聴かねば!(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-20 13:11 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(6)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_053282.jpg

いや~、かなりヴォリューミーです。やっと1/3を超えました。今回はDISC6 & 7で追憶のハイウェイ61レコーディング・セッション真っ最中です。

[Disc6 - CD]

1. Desolation Row – Take 1 (7/29/1965) Released on The Bootleg Series Vol. 7, 2005.
2. From A Buick 6 – Take 1 (7/30/1965) False start.
3. From A Buick 6 – Take 2 (7/30/1965) False start.
4. From A Buick 6 – Take 4 (7/30/1965) Accidentally released on the first pressing of Highway 61 Revisited, 1965.
5. From A Buick 6 – Take 5 (7/30/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
6. Can You Please Crawl Out Your Window? – Takes 1-4 (7/30/1965) False starts.
7. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 1 (7/30/1965) Complete.
8. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 2 (7/30/1965) False start.
9. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 3 (7/30/1965) Complete.
10. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 4 (7/30/1965) False start.
11. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 5 (7/30/1965) Complete.
12. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 6 (7/30/1965) Rehearsal/false start.
13. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 7 (7/30/1965) False start.
14. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 8 (7/30/1965) False start.
15. Can You Please Crawl Out Your Window? – Takes 10-11 (7/30/1965) False starts.
16. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 12 (7/30/1965) Complete.
17. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 14 (7/30/1965) Breakdown.
18. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 15 (7/30/1965) Breakdown.
19. Can You Please Crawl Out Your Window? – Take 17 (7/30/1965) Accidentally Released as B-side of first pressing of Positively 4th Street single.
20. Highway 61 Revisited – Take 1 (8/02/1965) False start.
21. Highway 61 Revisited – Take 2 (8/02/1965) False start.
22. Highway 61 Revisited – Take 3 (8/02/1965) Complete.
23. Highway 61 Revisited – Take 4 (8/02/1965) False start.
24. Highway 61 Revisited – Take 5 (8/02/1965) Complete.
25. Highway 61 Revisited – Take 5 (mis-slate) (8/02/1965) Complete.
26. Highway 61 Revisited – Take 6 (8/02/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 7, 2005.
27. Highway 61 Revisited – Take 7 (8/02/1965) False start.
28. Highway 61 Revisited – Take 8 (8/02/1965) False start.
29. Highway 61 Revisited – Take 9 (8/02/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.

[Disc7 - CD]
1. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 1 (8/02/1965) Breakdown.
2. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 3 (8/02/1965) Complete.
3. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 4 (8/02/1965) Rehearsal.
4. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 5 (8/02/1965) Released on The Bootleg Series Vol. 7, 2005.
5. Just Like Tom Thumb’s Blues – Takes 9-10 (8/02/1965) Breakdown.
6. Just Like Tom Thumb’s Blues – Takes 11-12 (8/02/1965) False starts.
7. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 13 (8/02/1965) Complete.
8. Just Like Tom Thumb’s Blues – Takes 14-15 (8/02/1965) False starts.
9. Just Like Tom Thumb’s Blues – Take 16 (8/02/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
10. Queen Jane Approximately – Take 1 (8/02/1965) Rehearsal.
11. Queen Jane Approximately – Take 2 (8/02/1965) Complete.
12. Queen Jane Approximately – Take 3 (8/02/1965) False start.
13. Queen Jane Approximately – Take 4 (8/02/1965) False start.
14. Queen Jane Approximately – Take 5 (8/02/1965) Complete.
15. Queen Jane Approximately – Take 6 (8/02/1965) Complete.
16. Queen Jane Approximately – Take 7 (8/02/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
17. Ballad Of A Thin Man – Take 1 (8/02/1965) False start.
18. Ballad Of A Thin Man – Take 2 (8/02/1965) Breakdown.
19. Ballad Of A Thin Man – Take 3 (8/02/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
20. Ballad Of A Thin Man – Take 4 (8/02/1965) Insert.

DIsc6の1曲目はいきなり「廃墟の街」、これは過去のブートレッグ・シリーズで出たもの、もう完成形ですね。

そして間違って収録してしまったビュイック6型の想い出のイントロ・ハーモニカ挿入ヴァージョンが初CD化ですかね。寂しき4番街のB面でこれまた間違えて収録してしまったCan You Please Crawl Out Your Window?も収録、これはアルバムに入れたかったのでしょうか?入念に17テイクも録音していた模様、結局はアルバムからオミットされちゃいましたが、これもアルバムに入れても遜色ない出来です。

そしてアルバム・タイトル・チューン「追憶のハイウェイ61」が登場、これも9テイク録音しております、御大のヴォーカルも絶好調です。DISC7では「親指トムのブルースのように」「クイーン・ジェーン」「やせっぽっちのバラッド」を収録、どれも好きな曲で聴き応えありますね。
この3曲、微妙にアレンジを変えながらの録音、追憶のハイウェイ61も含め65年の8/2に一気に録音していることからかなりハードなレコーディングを想像するけど御大は至って冷静??

追憶のハイウェイ61レコーディング・セッションまだまだ続きます、コレクターズエディションの名に相応しい内容ですね。
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-15 01:09 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(0)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_17494263.jpg

そして引き続き御大の大箱です(笑)ヴォリュームが大きすぎて他のCDがなかなか紹介出来ません!(笑)
今回も追憶のハイウェイ61レコーディング・セッションからです。

[Disc5 - CD]
1. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 (7/29/1965) Breakdown.
2. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 2 (7/29/1965) False start.
3. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 3 (7/29/1965) Incomplete.
4. Tombstone Blues – Take 1 (7/29/1965) Complete.
5. Tombstone Blues – Takes 2-3 (7/29/1965) False starts.
6. Tombstone Blues – Take 4 (7/29/1965) Complete.
7. Tombstone Blues – Takes 5-7 (7/29/1965) False starts, rehearsal.
8. Tombstone Blues – Take 9 (7/29/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 7, 2005.
9. Tombstone Blues – Take 10 (7/29/1965) False start.
10. Tombstone Blues – Take 11 (7/29/1965) Breakdown.
11. Tombstone Blues – Take 12 (7/29/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
12. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 (7/29/1965) Complete.
13. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 2 (7/29/1965) False start.
14. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 3 (7/29/1965) Complete.
15. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 4 (7/29/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
16. Positively 4th Street – Takes 1-3 (7/29/1965) False starts.
17. Positively 4th Street – Take 4 (7/29/1965) Complete.
18. Positively 4th Street – Take 5 (7/29/1965) Complete.
19. Positively 4th Street – Take 6 (7/29/1965) Breakdown.
20. Positively 4th Street – Take 7 (7/29/1965) Breakdown.
21. Positively 4th Street – Take 8 (7/29/1965) Breakdown.
22. Positively 4th Street – Take 10 (7/29/1965) Breakdown.
23. Positively 4th Street – Take 12 (7/29/1965) Released as a single, 1965.

今回は「悲しみは果てしなく」のエレクトリックなアップテンポ・ヴァージョンから始まってます、オリジナルに比べアップテンポなのですが当時はかなり試行錯誤していたのでしょうか、この曲をかなり繰り返してレコーディングしてますね。アップテンポもオリジナルのスローなテイクも両方カッコイイのが素晴らしいですよね。

そしてマイク・ブルームフィールドのギターソロ炸裂のトゥームストーン・ブルースも8テイク試みてます。やはりマイクの存在が際立ってますね。そして〆はアルバム未収録でシングル発表となった「寂しき4番街」も8テイク収録、もう脂乗りまくってますね。当時御大が24歳だったなんて信じられません!そしてかなり楽しくレコーディングしている感がございます。御大のヴォーカルも力強いです。

ミュージシャンによってはレコーディング・セッションなんか世に出してもね~とか若い頃の記録を恥ずかしがったりすることもありますが、御大は全てをさらけ出してますね、良いんじゃね~みたいな大人の余裕を感じさせます、この24歳の御大もかなり落ち着いてます!凄いです!この大箱買って良かった!(笑)

まだまだ続きます!
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-12 18:38 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_18242614.jpg

豪華ブックレットからのレコーディング写真、マイク・ブルームフィールドも写ってますね。今から半世紀前の写真と思うと歴史を感じさせます。

[Disc4 - CD]
1. Like A Rolling Stone – Rehearsal remake (6/16/1965) Rehearsal.
2. Like A Rolling Stone – Take 1 remake (6/16/1965) Rehearsal.
3. Like A Rolling Stone – Takes 2-3 remake (6/16/1965) False starts.
4. Like A Rolling Stone – Take 4 remake (6/16/1965) Released on Highway 61 Revisited, 1965.
5. Like A Rolling Stone – Take 5 remake (6/16/1965) Rehearsal.
6. Like A Rolling Stone – Take 6 remake (6/16/1965) False start.
7. Like A Rolling Stone – Take 8 remake (6/16/1965) Breakdown.
8. Like A Rolling Stone – Takes 9-10 remake (6/16/1965) False starts.
9. Like A Rolling Stone – Take 11 remake (6/16/1965) Complete.
10. Like A Rolling Stone – Take 12 remake (6/16/1965) False start.
11. Like A Rolling Stone – Take 13 remake (6/16/1965) Breakdown.
12. Like A Rolling Stone – Take 14 remake (6/16/1965) False start.
13. Like A Rolling Stone – Take 15 remake (6/16/1965) Breakdown.
14. Like A Rolling Stone – (6/16/1965) Master take, guitar.
15. Like A Rolling Stone – (6/16/1965) Master take, vocals, guitar (BD).
16. Like A Rolling Stone – (6/16/1965) Master take, piano, bass.
17. Like A Rolling Stone – (6/16/1965) Master take, drums, organ.

Disc4はブートもびっくりの御大の代表曲の一つ"Like A Rolling Stone"のみを収録でございます。6枚組のスーデラもディスク1枚丸々Like A Rolling Stoneですね。このレコーディング・セッションによると1日で仕上げたことになりますね。総テイク集15、アルバム収録テイクはフェイドアウトしないヴァージョンで色々と楽しめます。マスター・テイクのピアノ、ベースだけとかドラム、オルガンだけなんてのもあってマルチトラックでのレコーディングだったのでしょうね。ベーストラックだけだと地味ですね、しかしそれらが組み合わせると壮大な素晴らしい名曲となるわけです。
これまた御大のレコーディングを見学している感覚です、ものすごくマニアックな内容ですが御大の名曲"Like A Rolling Stone"誕生に立ち会えている気分です!(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-11 18:50 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_17335982.jpg

そして再びディラン御大のカッティング・エッジでございます。

封入と謳われながら入っていなかったハイレゾのダウンロード・コードですが今朝、bobdylan.comからダウンロード・コード付きのURLが貼りついたメールが当方宛に届きました。その手があったか!
なので無い!と慌てたディラン・ファンの皆さん、ご安心をってもう届いてますかね??

そして引き続き夜勤明けの中Disc3を聴いてみました。
b0042308_17333995.jpg

これがCDが収納されているジャケットです。6CD仕様も一緒ですがこちらは18枚収納仕様です。
b0042308_17334782.jpg

こんな感じです。

Disc3の収録曲は以下の通り。

[Disc3 - CD]
1. If You Gotta Go, Go Now – Take 1 (1/15/1965) Complete.
2. If You Gotta Go, Go Now – Take 2 (1/15/1965) Complete.
3. If You Gotta Go, Go Now – Take 3 (1/15/1965) Complete.
4. If You Gotta Go, Go Now – Take 4 (1/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
5. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 (6/15/1965) Complete.
6. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 2-3 (6/15/1965) Fragments.
7. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 4 (6/15/1965) Breakdown.
8. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 5 (6/15/1965) False start.
9. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 6 (6/15/1965) Breakdown.
10. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 7 (6/15/1965) Insert.
11. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 8 (6/15/1965) Complete.
12. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 9 (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 7, 2005.
13. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 1 (6/15/1965) Rehearsal and breakdown.
14. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 2 (6/15/1965) Complete.
15. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 3 (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
16. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 2 (6/15/1965) Edited version. Complete.
17. It Takes A Lot to Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 remake (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
18. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Takes 4-5 (6/15/1965) False starts.
19. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 6 (6/15/1965) Complete.
20. Like A Rolling Stone – Takes 1-3 (6/15/1965) Rehearsal.
21. Like A Rolling Stone – Take 4 (6/15/1965) Rehearsal. Partially released on The Bootleg Series Vol. 1-3, 1991.
22. Like A Rolling Stone – Take 5 (6/15/1965) Breakdown.

前半のIf You Gotta Go,Go Now の4テイクはBringing It All Back Homeでのセッション、これもアウトテイクだなんてもったいないよね。まあ御大にとっては泣く泣く外したのか、アルバムにそぐわないってことで外したのか不明ですが、良い曲だよね。テイク4は過去のブートレッグ・シリーズで陽の目を見た楽曲です。

そして5曲目からHighway 61 Revisited レコーディング・セッションに入ります、Bringing It All Back Homeから五ヶ月後にレコーディングに入っております。若き御大、アイデアがどんどん浮かんできたことでしょう。創作力も半端ありませんね。
ここから追憶のハイウェイ61セッションの量が膨大です。約二か月のレコーディングのようで今回はテイク数が多いです。そしてこれまたアウトテイクとしては勿体ないSitting On A Barbed-Wire Fenceやアルバムに収録しておりますがこれまた早くも完成形に近いIt Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry等聴きごたえございます。そしてLike A Rolling Stoneのセッションとなります。まるで御大のレコーディング・セッションに立ち会っているような感覚です。

こういうレコーディング・セッション、ビートルズのゲット・バックで高音質でリリースして頂くととても嬉しいのですが多分無理かな~??

まだまだ続きます御大の大箱シリーズ!!
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-10 17:53 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(0)