無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:ブックオフ( 386 )

高橋由美子 / Paradise

購入日   2016年7月30日
購入場所 ブックオフ新潟駅南口店
購入価格 1中古CD¥108 (当時定価¥3,000)
備    考 オリジナル1992年、帯付
b0042308_9103667.jpg

先日の新潟遠征時でのオフパトロールで見つけたおでこがかわいいグッピーの4thアルバムです。

なんと¥108!有りそうでなかなか見つからない帯付CDです。元々は¥500コーナーに置いてあったようだ。

内容はこの時季聴くと清涼感ある正統派アイドルサマーアルバムです。
1曲目のアチチッチから元気溢れてます。ワイルドワンズの植田芳暁氏コーラスアレンジの「夏はどうでも」、異国情緒溢れる「コートダジュールで逢いましょう」、秋元康&見岳章のおニャンココンビの「ランナー」、筒美京平先生作曲の「Dear Mrs.Friend」のアップテンポさ、秋元康&後藤次利の「太陽のバレリーナ」等、グッピーの艶のある高音とマッチしてます。自分が救えて良かったアルバムです(笑)

21世紀にはこのような正統派アイドルアルバムは無くなってしまったな~。
b0042308_9104138.jpg

20世紀のアイドルが最高だな!(笑)今でも見た目ほとんど変わらないグッピー、中年度も良い感じです(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2016-08-09 09:24 | ブックオフ | Trackback | Comments(0)
購入日   2016年7月30日
購入場所 ブックオフ新潟駅南口店
購入価格 1中古CD¥108 (当時定価¥2,000)
備    考 オリジナル1996年、帯付
b0042308_104871.jpg

先日の新潟遠征で発掘したCDです。
東京のオフには無い¥108コーナーで見つけました。元々設定は¥500だったようだが、売れなくて¥108コーナーに持って行かれたらしい。
¥108コーナーでこれは見つけものです。
ヒックスヴィルの96年発表のファースト・アルバムです。当時は渋谷系って言われていたそうだがヒックスヴィルはその括りでは無かったような...。

色々なミュージシャンのツアーのバック・コーラスやレコーディングでもバック・コーラスとして活躍していた真城めぐみのリード・ヴォーカルが優しさに包まれているような声で癒されますね。物凄く気持ちが落ち着くと言うか心地よいんだよね。1曲目の「あたしのスウィート・ベイビー」で一発でKOされてしまった。
メンバーの木暮晋也、中森泰弘のギターも素晴らしい(彼らは数曲リード・ヴォーカルを披露しておりますがそれもレベル高い出来です。)、全体的にアレンジはAORでもあるし、ブルージーでもある、ラストの「天国まで」はザ・スウィンギン・バッパーズ・ホーンズが参加してビッグ・バンドで豪華だ。

元々ロッテンハッツというバンドから二派に分かれて結成されたバンド、実力もあるから演奏、歌唱、作曲、アレンジは高いレベルなんだよね。真城めぐみをリード・ヴォーカルにしたのは正解だね!
この暑い東京を涼し気にしてくれる音ですかね。まさか¥108コーナーにあるとは思わなかったな。これはセカンド、サードと聴いてみたいぞ!
b0042308_10533.jpg

ヒックスヴィルをネットで調べたら現在も活動しているようですね。今年結成20周年ではありませんか!
メジャーから出たアルバムは全て廃盤なので、ヒックスヴィルのアルバム、AORやメロウな楽曲好きな音楽ファンは見つけたら買いですよ。
by daisuke_Tokyocity | 2016-08-05 01:17 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)
7/30は長岡市から新潟市へ向かいました。在来線の快速(と言っても3両編成で短い)で丁度1時間です。
b0042308_15592216.jpg

新潟市も暑いね!ブックオフ新潟駅南口店の写真撮るの忘れた(苦笑)

新潟駅南口を出ると直ぐにブックオフがございます。これは徒歩数分ですから苦じゃないですね。さあ、探しますか!

戦利品はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-31 16:14 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)

7/29 BOOKOFF西長岡店戦利品

もつ焼き食べた後、運動しなきゃってことでBOOKOFFパトロールを決行!調べたら長岡駅から3キロ徒歩40分は先に行った長岡川崎店よりも遠い。何とかなるだろうとまずは長岡古正寺店へ行ったらなんと20時で閉店(泣)アウェイの洗礼ですね(笑)

でもここから徒歩10分地点にもう1店舗あるんですね。
b0042308_09352017.jpg

BOOK・OFF西長岡店、ここは22時まで営業です(笑)

チャック・ベリーの帯付紙ジャケが何枚もあるものの¥2750はほぼ定価、ブラックサバスのライヴ・イーヴルの帯付紙ジャケありましたが、¥3750とほぼ定価、両方とも持ってるからスルー。ここも以外とCD多いな。
今回は¥500コーナーで見つけました。

b0042308_09352295.jpg

ナンノのディアー・クリスマス、帯付¥500です。
前の持ち主さんが綺麗に保管していたらしく、ディスクはもちろんのことブックレットも綺麗、BOOK・OFFではとかく無いがちな初回限定のクリスマスカードもちゃんと袋に入ってました。
b0042308_09352321.jpg

ナンノシングルズⅡ¥500、東京で買うと¥950なので思わず購入です。ゴールデン☆アイドル持ってるけど、このシングルズも必要ってことで無駄遣いです(笑)
b0042308_09352546.jpg

もうちょっとヴォーカリストとして評価高くしても良い中西保志のセカンド帯付、ファースト、セカンドの帯付は貴重?

¥280コーナーは無いけど、¥100コーナーは有るんですね。

帰りは歩いて50分!信濃川は川幅が広いね~!長岡市内10キロ以上歩いてしまった。
疲れてホテル戻って風呂入って寝ちゃいました!(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2016-07-30 09:35 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)
当然、長岡市のBOOKOFFへ行きましたが、駅から遠い店舗で行くのに大変でしたがその分収穫もありました。
b0042308_08164383.jpg

BOOKOFF長岡川崎店です。
b0042308_08164425.jpg

駅から歩きます。
b0042308_08164635.jpg

右側の建物は高橋酒造という造り酒屋です。
炎天下の中、30分歩くのはハードですね。普段歩いておいて良かった(笑)

そして戦利品は
b0042308_08164703.jpg

浜田麻里のブルー・レボリューション紙ジャケ、¥2250は定価に近い値段ですが見つけられてラッキーでした。
b0042308_08164952.jpg

メタリカのセカンド、ライド・ザ・ライトニングの紙ジャケ¥1500
b0042308_08165085.jpg

安室ちゃんのバラッダ、CDのみの仕様ですが、何気に初回限定盤の3Dジャケットなので思わず購入¥500でした。

長岡川崎店、CD大量入荷で東京には無いラインナップ?で楽しめましたね。歩いて行ったかいありました(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2016-07-30 08:16 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)

globe / FACES PLACES

購入日   2016年7月28日
購入場所 ブックオフ八王子堀之内店
購入価格 1中古CD¥280
備    考 オリジナル1997年、元々帯なし、ステッカー付
b0042308_144720.jpg

夕方に車を走らせてブックオフ・パトロールで見つけたものです。

globeの97年発表のセカンド・アルバムです。
ご丁寧にも前の持ち主さん、当時貼られていたステッカーを貼って放出してくれたみたい、これはラッキーでした(笑)ありがとうございます。

先日、TVで神田沙也加がヴォーカルで参加したIs this loveを含む5曲のシングル曲をフューチャーしたこれまた大ヒットアルバムでございます。KEIKOのパワフルなヴォーカルとTK美メロが楽しめます。相変わらずマーク・パンサーのラップは...。
b0042308_150111.jpg

今聴いてもこのセカンドも良い出来ではないでしょうかね。90年代のJ-POP、最近見直し始めてます。

先日のTVで神田沙也加をフューチャーしたglobe、個人的にはとても良かったと思っております。
現状、KEIKOが第一線での活躍が難しい中、神田沙也加のヴォーカルが見事にカバーしていると思いましたね、Is this loveだけでは勿体ない、是非ともライヴで披露して欲しいですね。実現したらライヴ、行っちゃうぞ!
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-29 01:56 | ブックオフ | Trackback | Comments(4)

松たか子 / 空の鏡

購入日   2016年7月23日
購入場所 ブックオフ武蔵中原店
購入価格 1中古CD¥280
備    考 オリジナル1997年、初回盤、元々帯なし
b0042308_12565250.jpg

松たか子のファーストをブックオフで見つけました。
たか子さん、意外と歌上手いんですよね。ここ7年間は歌手活動はほとんどしていないのが残念、唯一小田さんのクリスマスTVライヴで歌うくらいかな?
最初は片手間な歌手活動と思いきや本気の歌手活動で見直しましたよ(笑)

このファーストでは当時19歳!声に若さを感じながらも I STAND ALONEや明日、春が来たらのヴォーカルは結構好きですね。日向大介の作曲、アレンジも良いですよ、たか子さんの良さを上手く引き出しております。
現在39歳のたか子さん、育児の合間に歌って欲しいですよ。もちろんバックは旦那さん帯同で!(笑)
b0042308_1257249.jpg

19歳のたか子さん、カワイイです(笑)セカンドも探してみます!

それにしてもブックオフ¥280コーナーは楽しいですね(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-28 13:08 | ブックオフ | Trackback | Comments(8)

原田知世 / I could be free

購入日   2016年7月23日
購入場所 ブックオフ武蔵中原店
購入価格 1中古CD¥500(当時定価¥3,000)
備    考 オリジナル1997年、帯付
b0042308_1403050.jpg

ブックオフ安棚コーナーで見つけた知世さんの97年発売のI could be free、当時流行のスウェディッシュ・ポップとの融合、これが見事にマッチして現在の知世さんの音楽活動の礎となっていると言っても過言じゃあないでしょう。
帯のトーレ・ヨハンソン・プロデュースのアピール度も納得です。
b0042308_1403554.jpg

全編ポップで湿度低い楽曲で知世さんのこれまた湿度低いヴォーカルに清涼感を感じます。最近、清涼感あるヴォーカル好きですね。今から約20年前の音楽とは思えない新鮮さは今でも健在です。このアルバム、大好きです!

ビニール袋にも入っておらず、中を覗いたら帯が入っておりました。これは安くて良い買い物でした。そう言えばこれのアナログEP盤も買ったんだよな(笑)今度はトーレ・ヨハンソン&鈴木慶一プロデュースのクローバーを探してみます。オフパトロール、やっぱり面白い(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-27 01:48 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)
購入日   2016年7月18日
購入場所 ブックオフ池袋サンシャイン60通り店
購入価格 1中古CD¥108(当時定価¥1,400)
備    考 オリジナル2010年、帯付、ボートラ2曲入り
b0042308_18104815.jpg

7/18、池袋の巨大ブックオフで見つけた安室ちゃん関連CDです。

池袋サンシャイン60通り店はサンシャイン60通りの人混みも凄いですが、その通りにあるブックオフもかなり大きいです。大きくてCDの販売面積も凄まじいものを感じますが、大きいからと言って珍しいものがあるとは限りません、ただ流通量は半端ないと思いますので一度逃すと次は無いみたいかことはあるでしょうね。お店が大きくて時間が足りない、足りない(笑)

安室ちゃんは色々なシンガーとコラボしているんですね。今回はAIの10周年記念にゲスト参加しております。
ダイナミックな歌唱のAI、安室ちゃんは余裕で対応、AIの歌唱に合せているような歌いっぷり、これくらい余裕よってヴォーカルから読み取れるかな。ボートラのリミックスは一層ダイナミックです。このリミックスが意外と良かったりします。
b0042308_18105469.jpg

安室ちゃんが参加していないカップリングの"Family"はメロディアスで良いね。

なかなかマキシを見つけるのは難しいですがやっぱりオフパトロールは楽しいですね。
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-21 18:20 | ブックオフ | Trackback | Comments(0)
購入日   2016年7月5日
購入場所 ブックオフ八王子めじろ台店
購入価格 1中古CD¥1,950(当時定価¥1,890)
備    考 オリジナル1983年、帯付、2008年デジタル・リマスター、ボートラ4曲入り
b0042308_1335588.jpg

懐かしいシンディ・ローパーのファースト・アルバム紙ジャケを見つけました。2008年再発、最近レア盤にはプレミアを堂々とつけるブックオフ、ファーストが人気あるのを知っていたか¥1,950とちょっと定価以上でした。

前の持ち主さん、シンディ・ローパーのファンだったのでしょうね。紙ジャケ4種類放出されておりました。サード・アルバム以外廃盤なので3枚救ってきました、そのうち2枚が実は今日だったのです(苦笑)
5日間放置していても大丈夫でした!(笑)
b0042308_1341751.jpg

83年当時は邦題があってN.Y.ダンステリアだったのですが、この紙ジャケではシーズ・ソー・アンユージャルとそのまんま原題となっておりました。帯は当時のデザインでは無いし...。
なので大ヒット曲「ハイ・スクールはダンステリア」はガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファンとこれまた原題となっておりました。「ハイ・スクールはダンステリア」の方が俺ら50近い者はしっくりくるんじゃないですかね。

数多くのシングルカットでヒット曲多いですね、マイルスも気に入った「タイム・アフター・タイム」は哀愁帯びたメロディとシンディのヴォーカルがとてもマッチして名曲に仕上がってます。
「オール・スルー・ザ・ナイト」の優しいメロディと歌い方もこれまた良い。エイティーズ洋楽ファンなら誰でも聴いたことあるシンディ・ローパー、今聴いても良いよ~!シンディ、聴くならやっぱりこのファーストからですね。
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-11 01:47 | ブックオフ | Trackback | Comments(8)