無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

BONNIE RAITT / SILVER LINING

購入日  2006年5月22日
購入場所 BOOK OFF 大月インター店
価  格 ¥950−¥100(割引券使用)=¥850(定価¥2,548)
備  考 2002年発表、帯付
b0042308_12273319.jpg
昨日の「吉田のうどん」食べ歩きの帰りに寄ったBOOK OFF大月インター店で買ったボニー・レイット姐さんの2002年発表のCD。
富士吉田店では収穫なし、大月インター店でも同じことだろうと思っていた。でも手ぶらで帰るのも面白くないなと(苦笑)
バッド・フィンガーの「涙の旅路」国内盤帯なしがあったがジャケがヨレヨレ、値段も¥1,750と高いと思ったのでやめ。代わりにレイット姐さんのCDが¥950と安かったので購入した。

ボニー・レイット姐さんのことは、正直あまり知らなかったのが本音。最近のクラプトン・ブートでよく名前が出てくるので気になっておりましたのでオフで見つけたのは聴くいい機会だと思いました。(動機は不純っちゃあ不純:笑)

んで買ってよかったですね。心地よいヴォーカルと心地よいスライド・ギターが気持ちいいです。ロックンロールにブルース、R&B、フォーク、ファンクと色々な要素が詰め込まれております。いい作品に仕上がっております。
女性ブルース・ギタリストの先駆け的存在のようですが、彼女のスライド・ギターしている姿は一言「カッコいい!」ですな。
アメリカでは評価は高いようだが、我が国ではその逆で数枚しかCD化されていないようだ。
全盛はワーナー時代、是非聴いてみたいものだ。日本では売れるCDが優先だから、レイット姐さんのような地味なイメージの音楽はダメなのかなー?
でも実際は地味ではなく、エモーショナルな心意気が伝わって来ます。だから国内CD化しておくれ!ワーナーさん。売れるのが確実なミュージシャンだけ紙ジャケにしないの!(笑)
彼女のライヴDVDが出ているようだから、これも観てみたいな。
大月インター手前でお買得なCDを入手できて、よかったなー。
収録曲
01 I FOOL'S GAME
02 I CAN'T HELP YOU NOW
03 SILVER LINING
04 TIME OF OUR LIVES
05 GNAWIN' ON IT
06 MONKEY BUSINESS
07 WHEREVER YOU MAY BE
08 VALLEY OF PAIN
09 HEAR ME LORD
10 NO GETTIN' OVER YOU
11 BACK AROUND
12 WOUNDED HEART
トラックバックURL : http://cdsagashi.exblog.jp/tb/4770475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 芸術的生活、 at 2006-05-23 23:42
タイトル : BONNIE RAITT / SOLS ALIKE
クラプトンにストーンズ、クイーン+ポール・ロジャースに国内では達郎さんと、今月はベテランアーチストの新作をかなり聴きました。 まだ聴いていないけどポール・マッカートニーの新作もかなり好評のようですし、来月にはクリーム再編ライヴにニール・ヤングの新作にエアロスミスのライヴが発売されるし、そういえば国内でも久し振りにアルバムを出すグループもいますねー。 そんな中でほぼノーマークだったのに、別のCDを検索していたらボニー・レイットの3年ぶりの新作『SOULS ALIKE』が9月に発売されることが分か...... more
Commented by kojy_r at 2006-05-23 12:56
Bonnie Raittはデビュー頃が一番良いと聞きました。
自分も何枚かしか持ってないけど、デビュー盤は良いです。
Commented by kassy63 at 2006-05-23 14:29 x
daisukeさん、こんにちは。 山梨って本当においしい食べ物多いですよね。以前紹介されてた、小作のほうとうといい、うどんといい。家族で毎年2回「いちご」と「ぶどう」狩り、「ほったらかしの湯」という温泉を満喫しに山梨に出かけており、帰りにおいしいものを食べて帰ります。はい。
それはさておき、ボニー姐さん。「シルバー...」は2002年の作品ですかね。もし、興味がありましたら(一番アメリカで売れた)「Luck of Draw」なんかも聞いてみてください。ちょうど、自分アメリカに出張で1年ほど居た時期(1991年)の作品で、さんざんラジオでかかっておりました。グラミーを取った記憶もあります(違ってたらごめんなさい)。 土曜の昼下がりにダラダラしながらボニー姐さんのCDを聞くのも良いですよ~。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-05-23 22:00
kojyさん、こんばんは!
調べたらボニー姐さん、1971年デビューのようですね。タワーレコードへ行ったら、ワーナー時代のアルバムはリマスターされているようですね。
日本盤化は無理みたいだから、この機会に初期ボニーを聴いてみたいと思います。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-05-23 22:06
kassy63さん、こんばんは!
山梨は食べ物うまい、温泉ありで近場でかなり楽しめますよー。ほうとうは河口湖にある「ほうとう不動」ってところが美味しいようです、うどん食べてほうとう食べてだとかなり苦しいなー。
さて、kassy63さんオススメのボニー姐さんの「Luck of Draw」も良さそうですね、ヴォーカルよし、スライド・ギターよしで、ゆったり聴いてみたいものです。来日しないかなー??
グラミー受賞は前作の89年発表「nick of time」のようです。
ボニー姐さん、聴くぞ!
Commented by lonehawk at 2006-05-23 23:50
こんばんは~。
昨年出たボニー・レイットのアルバムの記事ですがTBさせて頂きました。
その記事にも書いてますが、国内では彼女のワーナー期リマスター盤は完全に無視されていて、しかも今のワーナーの体質からすると確実に国内盤では出ないでしょうね。
それにキャピトル移籍後の作品も店頭在庫のみのようですし、日本でのボニー・レイットの評価は何故か低いです。
ちなみにワーナー時代のベスト作品は、『GIVE IT UP』ですかね。
とにかく彼女のスライドギターのプレイは最高です!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-05-24 00:10
lonehawkさん、こんばんは!TBありがとうございます。
レイット姐さんの国内評価、やはり低過ぎですね。とっつきにくさのないブルース、日本人は好きなはずですけどねー。
紙ジャケはとうてい無理でしょうね。
キャピトル作品も店頭在庫のみですかー、中古盤だと安く手に入りそうなのでこれからどんどん聴いてみます!
Commented by shintan_shintan at 2006-05-25 13:06
こんにちは。
ボニーレイットすきなんですよね。92年頃のライブも見に行きましたし。
lonehawkさんもおっしゃってるように2ndの「GIVE IT UP」が最高にいいですよ。国内ではでていませんが、リマスター盤がおすすめです
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-05-25 15:19
shintanさん、こんにちは!
ボニー・レイット姐さん、音楽系ブログでは人気者ですね。みんな音楽が好きだからボニー姐さんの良さもわかるんでしょうね。
ライヴを観に行かれたんですかー、いいなー。ボニーの良さに早く気付かなかったのは不覚ですな、反省(笑)
「GIVE IT UP」のリマスター盤聴いてみます、楽しみがまた増えた!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2006-05-23 12:50 | ブックオフ | Trackback(1) | Comments(8)