無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

発掘その85 濱田金吾 / ハートカクテル

購入日  2005年10月16日
購入場所 ブックオフ多摩永山店
購入価格 ¥1,000−¥150(割引券使用)=¥850
備  考 音蔵シリーズ オリジナル1985年リリース、1993年再発 帯なしだと思ったら帯が隠れていた(笑)
b0042308_225799.jpg
今日はお休み、午前中に疲れを癒し、午後は車を走らせて多摩市のオフ2軒を久々パトロール、多摩永山店は大型店鋪で人の出入りが激しいから駐車場を停めるのにも一苦労、人が多いから廃盤とかお買得盤に出会うのはこれこそタイミングっつうか運だね、さて今回は運が良かったかな?

早速、日本のAOR(シティ・ポップス)の佳作を発掘。もう廃盤なのであまり見かけない、以前香川県高松市のオフで発掘した時は音蔵シリーズより前のもの、今回はオリジナルに入っていた投げ込みの歌詞カードもちゃんと再現しており、言わば今の紙ジャケのプロトタイプ?値段も安いから購入決定!この頃の東芝EMIはいい仕事しているじゃん!
んでこのCD、タイトル、ジャケットからわたせせいぞう氏の「ハートカクテル」のサントラ(サントラは松岡直也ね)ではなく濱田金吾のオリジナル・アルバムのようだ。蛇足だけどどうしてもみんな浜田省吾と間違えちゃうみたいね(苦笑)
全作曲を濱田本人、全編曲をAB'Sの松下誠が担当、日本のエイティーズ・シティ・ポップスが楽しめます。
特に2曲目の「夜風のインフォメーション」は、濱田の華麗なる作曲に松下の洗練された編曲がうまくマッチ、小林和子の男としての立場の歌詞がこれまたうまくはまっていいですね。
歌詞より 羽田に向かう高速で :いいねえ(笑) やさしすぎてもモテないよって云われ続けたけど こんなこと言われたら凹んじゃうね(笑)

でもこのCD、廃盤なんだよねー、簡単に聴ける環境ではないのが残念ですね。12年振りの再発無理かなー、ちなみに濱田金吾は今でもライブ活動しております、アルバムも何枚かCD化されていますが、今でも手に入るんかな???
また当時の全盛は歌謡曲、このようなエイティーズ・シティ・ポップスはあまり語られなかっただけになんだか一部マニアのものではもったいないね!
b0042308_22275123.jpg当初は帯無しの状態で売っておりましたがなにやら段差が。これは中に帯が入っていると確信!開けたら左のようにちゃんと帯が入っておりました!僕には帯が見えるのだ(笑)
b0042308_22294938.jpgオリジナルを忠実に再現した歌詞カードもちゃんと入っておりました。
トラックバックURL : http://cdsagashi.exblog.jp/tb/3632805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from happy ? at 2005-10-18 03:44
タイトル : La La La 9月の夜
? ???????????????????????????????????????????????? ????????????????????????????????????????????????季節が移り変わっても 日常は何も変わらない                     平穏すぎる毎日 贅沢だけど出そうになるのよ タメイキが... more
Tracked from happy ? at 2005-10-18 03:44
タイトル : ハートカクテル♪
「東京Come&Gone もしも出来るのなら  10年経って また会いたい あいつと僕が残り 君が去ってゆく このまちで…」 レコードを聴き終えて「10年後かぁ…」と ため息をついたのは20代の私。 10年後の自分なんて想像もできなかったけれど 気がつけば20年が経って... more
Tracked from Music Avenue at 2005-10-26 00:50
タイトル : 濱田 金吾_ハートカクテル
「僕にまかせて下さい」というヒット曲を持つフォーク・グループに在籍していた濱田金吾の通算6枚目のアルバム。濱田金吾のソロ・デビューは、1980年の『MANHATTAN IN THE RAIN』というアルバムでAirレーベルに在籍していた。Airレーベルで計3枚のアルバムをリリース後、MOONレーベルへ移籍した。名前の表記も「濱田」から「浜田」へ変えていた。このレーベルの移籍はあの山下達郎と同じである。MOONレーベルで2枚のアルバムをリリースして、東芝へ移籍。ここでまた名前表記を「浜田」から「濱田」へ...... more
Commented by soundbeat at 2005-10-17 00:16
こんばんはっ♪
帯の有る無しで微妙に話題が合いましたね。
私も買う時には中に帯が隠れていないか隙間から覗いてみます。
ほとんど帯が無いんで棚に戻すんですけどね(笑)
このジャケの絵は「ハート・カクテル」というマンガからだったのですね。よく見かけるのですが知りませんでした。当時流行ったのかな?
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-10-17 00:36
soundbeatさん、こんばんは!
>私も買う時には中に帯が隠れていないか隙間から覗いてみます。
さすが!soundbeatさん、分ってらっしゃる(笑)オフ発掘の基本ですよね。帯が表に出ていない時があるんですよね。紙ジャケも確認出来るんですが最近はビニール袋に更にセロハンテープで固定しているから確認が難しくなりましたよ。一般のお客さんや店員さんから見たら「この人何覗き込んでいるんだ?」って光景ですかね(笑)
>当時流行ったのかな?
1985年に流行った記憶ございませんね、僕もこれは後追いですからね。音楽はとにかく良いですよ!
Commented by まつ at 2005-10-17 21:07 x
濱田金吾・・。確実にハマショーと間違えますね(笑)。

この曲、歌手は知らず~。悔しくてネットで試聴を探してみました。夜風のインフォメーション聴いたとき、「あー、これよく喫茶店のBGMで流れてる曲かな?」とか思いましたがどうなんでしょうね。
今度BookOFF行ったとき、探してみよっと。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-10-17 23:59
まつさん、こんばんは!
「夜風のインフォメーション」試聴できましたかー、20代のまつさんから見たと言うか聴いたエイティーズ・シティ・ポップスはどのような感じでしかたかね?このようなサウンドって突然再評価されるんですよね、僕は当時18でしたがやっぱり後追いの方なんです、実は。
このCD、オフでは何回か見ているので出会うと思いますよー。
Commented by lonehawk at 2005-10-18 00:50
こんばんは~。
ワタシも土曜は原宿→町田中央通り、日曜は聖蹟桜ヶ丘→堀之内と出先のついでに発掘活動してきましたよー。
海外限定もの2枚組CDと、コンピCDと、大介さんの趣味とはカブらなそうですが未だ聴いたことがないけど安かったので買ってみたプログレものの紙ジャケ3枚で総計4,500円と、まぁそれなりの収穫でした。

ハートカクテルはマンガやアニメは見ていましたが、このCDは知りませんでした。
でも帯が無いと思って買ってみたら中に入っていた時はちょっと嬉しいですよね(笑)。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-10-19 00:17
lonehawkさん、こんばんは!
おー、日曜日は当方も聖蹟桜ヶ丘店へ夕方発掘活動しておりましたよ!もしかしたらすれ違っていましたかね???(笑)
聖蹟桜ヶ丘店にはプログレ紙ジャケ数点ありましたね。こりゃあlonehawkさんとはオフ談義しなければなりませんな!(笑)
>帯が無いと思って買ってみたら中に入っていた時はちょっと嬉しいですよね(笑)。
オフってこういうこと多いですよね、隙間から帯を発見するのも楽しいものです(笑)
Commented by KYOKO at 2005-10-19 02:32 x
先日はコメントも残さず、いきなりのTBで失礼いたしました。
当ブログへのコメント&TB嬉しかったです。ありがとうございました。
時代とともに埋もれていく沢山の歌の中で、何十年たってもキラキラしている音楽は素敵ですね。そんな音楽に包まれる時間は幸せです。
「無駄遣い」って「寄り道」に似ていますね。いろんな無駄遣いや寄り道こそが、人生を味わい深くしてくれるような気がします。
コメントが長くなってしまいますが・・・今ふと気づいたのですが、このブログ以前も訪れたような気がします。SNS繋がりのエキブロガーさんのところから飛んで来たような。もしかしたらどこかで繋がっているかも知れません。
これをご縁によろしくお願いいたします。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-10-20 00:01
KYOKOさん、こんばんは!当ブログへのコメントありがとうございます。
>時代とともに埋もれていく沢山の歌の中で、何十年たってもキラキラしている音楽は素敵ですね。そんな音楽に包まれる時間は幸せです。
今の日本の音楽シーンはコンビニっぽくしかも売れればいいのただそれだけ、消費音楽ですよね、だから時が経っても受け継がれないというか後世に残らない音楽が多いですよね。
この80年代中頃の音楽はミュージシャン、スタッフが音楽制作に今にはないミュージシャン・シップを感じますね。
濱田金吾氏もその一人、その努力が21世紀となった今でもSTAY GOLDなのだと思いますね。
>「無駄遣い」って「寄り道」に似ていますね。いろんな無駄遣いや寄り道こそが、人生を味わい深くしてくれるような気がします。
とてもありがたいお言葉を頂き、大変恐縮しております(笑)これからもKYOKOさんといい音楽について語りたいので今後もよろしくお願い致します。
Commented by kaz-shin at 2005-10-26 00:54
はじめまして。濱田金吾を検索していてこちらへ辿りつきました。
私は70年代~80年代のJ-POPが大好きです。
またちょくちょくお邪魔させていただきます。
よろしくお願い致します。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-10-26 01:15
kaz-shinさん、はじめまして!当ブログへようこそ。
僕もkaz-shinさん同様、70年代、80年代のシティ・ポップスやらAORが大好きです。
僕もkaz-shinさんのブログへお邪魔したいと思います。今後も色々日本のポップスについて語れたらなーって思います。よろしくお願い致します!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2005-10-17 00:01 | ブックオフ | Trackback(3) | Comments(10)