無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

12/17 大日本プロレス 「~BIGJAPAN DEATH VEGAS~2017」 神奈川・横浜文化体育館大会

昨日の有給休暇のメインはこれだ!
b0042308_12042228.jpg
久々のプロレス・ネタです。こういう時間をを取れるって幸せだな~。1年9か月ぶりのプロレス観戦に誘われました。デスマッチでお馴染み、大日本プロレス「~BIGJAPAN DEATH VEGAS~2017」神奈川・横浜文化体育館大会です。



大日本プロレス 「~BIGJAPAN DEATH VEGAS~2017」神奈川・横浜文化体育館大会 15時~ 観衆2,204人(満員)
b0042308_12044810.jpg
大食いバカの後輩より、読売ファミリーサークルの招待券が来たので行きませんか??とのこと。プロレスを招待観戦はレアです(笑)開場の14:15入場、2階自由席か3階自由席だろと思ったら...
b0042308_12045131.jpg
なんと2階指定席¥5,400の席でびっくり!横浜文化体育館でプロレスを観るのはパンクラスがプロレスやっていた頃の興行以来だからもういつか忘れました。椅子が古いですね。しかも小さい。でも何とか座れました。デスマッチがメインの大日本ですが、みんなが楽しめる試合がコンセプトのようです。
b0042308_12060902.jpg
コミカルな試合もございます。元新日本のケンドー・カシンはコミカル・レスラーに変身しておりました。試合後はロビーでグッズ販売してました。インディーズのレスラーは基本動きまくりです。
b0042308_12063459.jpg
前座のデスマッチは控えめです。と言ってもこの試合はBJW認定世界タッグ選手権です。蛍光灯あり、有刺鉄線ボードあり、ハシゴあり。自分が90年代に観戦していた頃にも所属していたアブドーラ小林や伊東竜二も元気に現役で頑張っておりましたね。バカチンガーエルボーからの伊東のドラゴンスプラッシュ炸裂でファンを喜ばします。好きじゃないと出来ないね。二人ともいつの間にかデスマッチやらされてそれが生き方になってるし、とにかく尊敬する二人です。
b0042308_12072857.jpg
セミファイナルはストロングスタイルのプロレス、大日本プロはストロング部門って有るんですね。
BJW認定世界ストロングヘビー級選手権 鈴木秀樹 vs 橋本大地、橋本大地はあの元新日本プロの破壊王・橋本真也のご子息です。プロ6年目、今は大日本プロレス所属のレスラーです。
b0042308_12080378.jpg
チャンピオン・鈴木秀樹は今年の東スポプロレス大賞で技能賞を貰った選手、クラシックなレスリングスタイルは自分好みビル・ロビンソン直伝のワンハンド・バックブリーカーを使ったり試合の組み立てはとても上手く強さも感じます。観客にそういうイメージを植え付けること重要です。
b0042308_12081725.jpg
試合は親父譲りの垂直落下式DDTからの片エビ固めで大地が初のベルトを奪取!これはYahoo!ニュースでも扱われてましたね。みんなおめでとうのメッセージ多いけど、やっぱり親父の凄さを認識する試合でしたね。試合運びから必殺技の出し方、キレ味、そして新日本プロでIWGPヘビー級選手権を何度も防衛した親父の偉大さ、大地が一番判っているだろうけどまだまだこれからの選手だね。このベルトの価値を上げていつか新日本に上がってください!
b0042308_12083390.jpg
メインはハチャメチャデスマッチです。メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
血みどろDANGEROUS CHRISTMAS FOR DEATHMATCH~蛍光灯ツリー&ガラスボード+αデスマッチ~ チャンピオン・竹田誠志 vs 挑戦者・高橋匡哉です。この二人全く知らなかったのですがゴルゴ13のように全身傷だらけです。
b0042308_12091378.jpg
蛍光灯はバンバン割るは、ガラスボードへジャーマン・スープレッグスしちゃうわで二人とも全身流血でデスマッチもエスカレートしてますね!!!体を張ってみんなを喜ばす、そう簡単に出来ることではございません。下手したら致命傷くらう場合もございます。危険すぎるよな~。
b0042308_12092771.jpg
試合は竹田誠志が17分44秒 蛍光灯へのリバース・Uクラッシュ→片エビ固めで3度目の防衛に成功!
そして次なる展開もCMしてお客さんを引きつけるところはプロレスの大事な要素です。マイク・パフォーマンスで次期挑戦者も決定です。
3時間半の興行はとても楽しかったですね。大食いバカの後輩に感謝です。またプロレス観に行こうかなって気持ちになりましたね。招待券で入ったので
b0042308_12431945.jpg
大日本プロレスオリジナルカレー3個¥2,000買いました。(笑)グッズ収入はインディーズ団体にとって重要だもんね。グレート小鹿大将75歳で背筋もピンと伸びてとても元気でした。将来は小鹿さんのような爺さんになりたいね(笑)
またプロレスでも観に行こう!


トラックバックURL : http://cdsagashi.exblog.jp/tb/27874423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by れいんめ~か~ at 2017-12-18 13:47 x
プロレス観戦、うらやましい限りです!
橋本大地の試合が気になっていましたが出来れば鈴木にベルト防衛を願っていました。実際に動いているところを見たわけではありませんが誌面で伺うなかでは大地には時期尚早かと思っています。いまや鈴木秀樹のオーラは往年のプロレスラーを彷彿させ発言センスもあります。
でも橋本大地も精進して父親に近づき、そして越えたとき新日本に上がってほしいとも思います。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2017-12-19 16:07
れいんめ~か~さん、こんにちはー。

いやー、1年9か月ぶりのプロレス観戦、とても面白かったです。3時間半があっという間って何だかとても嬉しい(笑)

仰る通り、大地は時期尚早ですかね。フィニッシュのきっかけとなった親父さんも時おり出した「袈裟斬りチョップ」、良いんだけどまだスピードは親父の域に達しておりません。でもやっと立てたスタート地点、大日本で貫録つけて、親父超えを果たして欲しいですね。やはり大地には新日本のリングに上がって欲しいです。

鈴木秀樹、良いですね~。あのようなクラシカルなレスリング・スタイルはファンに受けるスタイルですね。鈴木みのるが大日本に上がればな~なんて(笑)

大日本観たら今度は正月のドームですかね??(笑)プロレスは人生の写し鏡、観ていて力が自然と湧いてきますね。元気が出ます!

Commented by れいんめ~か~ at 2017-12-22 23:21 x
週刊プロレスで試合を拝見しました。
大地はこれからが本当の勝負でしょうね。王者が「試合を創っていく側」になるのだから。どんな挑戦者が来ても自分の作品を残せるか。。。

ちなみに先ほど「静岡通販」で散財しました。
よってプロレス観戦の時期が遠のいたと思われます(笑)
Commented by daisuke_Tokyocity at 2017-12-25 05:18
れいんめ~か~さん、おはようございます!

大日本プロレスが大地に期待しているのが伝わって来ます。
仰る通り、試合創り重要ですね。お父さんがそういうところも素晴らしく、今後も比較されちゃうでしょうが大地はそれが運命ですからね。キャリアを重ね、最終的に新日本のリングに上がってもらいたいですね。

自分も静岡通販で散財しました!プロレスも観に行きますよ~(笑)

Commented by エクスプロイダー at 2018-01-03 12:42 x
行ったのですね。デスマッチはハマるととことんハマるらしい。

鈴木選手は大日本に無いレスラーだったから中々ベルト奪取とは行かなかったからなあ。
大地選手は早いかもしれないが、ZERO1、IGFと渡り歩いてようやく大日本で力を付けたから。
おまけにフィニッシュホールドが父親の真也さんのだから、技は伝承されるかなと。
昨日の初防衛戦も勝ったみたいだし。

竹田選手は元々U出身で田村潔司さんが師匠でMMAにも参戦したけど、デスマッチ好きで大日本にも参戦してますね。
マキシマムザホルモンのファンだから入場曲や技名にもマキシマムザホルモン関連が有りますから。

小鹿さん元気ですよ。必殺技が咽輪落としだし。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2018-01-06 00:26
エクスプロイダーさん、こんばんは!

デスマッチとストロングスタイルのプロレスが混合している大日本プロレス、これはこれでとても楽しめますね。大地は親父さんとの実力を比べると時期早々なところもございますが、大日本の渋いレスラー、鈴木秀樹から取ったベルト、長期政権となって欲しいですね。

個人的にベルトの持ち回りはあまり好きではありません。特にシングルのヘビー級となると一層ね(笑)

竹田選手と高橋選手はトップロープの緊張感を演出出来るから流石です。竹田選手がUWF系とは驚きです。

小鹿さん、一層好きになりましたね(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2017-12-18 12:46 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(6)