無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

原田知世 / I could be free

購入日   2016年7月23日
購入場所 ブックオフ武蔵中原店
購入価格 1中古CD¥500(当時定価¥3,000)
備    考 オリジナル1997年、帯付
b0042308_1403050.jpg

ブックオフ安棚コーナーで見つけた知世さんの97年発売のI could be free、当時流行のスウェディッシュ・ポップとの融合、これが見事にマッチして現在の知世さんの音楽活動の礎となっていると言っても過言じゃあないでしょう。
帯のトーレ・ヨハンソン・プロデュースのアピール度も納得です。
b0042308_1403554.jpg

全編ポップで湿度低い楽曲で知世さんのこれまた湿度低いヴォーカルに清涼感を感じます。最近、清涼感あるヴォーカル好きですね。今から約20年前の音楽とは思えない新鮮さは今でも健在です。このアルバム、大好きです!

ビニール袋にも入っておらず、中を覗いたら帯が入っておりました。これは安くて良い買い物でした。そう言えばこれのアナログEP盤も買ったんだよな(笑)今度はトーレ・ヨハンソン&鈴木慶一プロデュースのクローバーを探してみます。オフパトロール、やっぱり面白い(笑)
トラックバックURL : http://cdsagashi.exblog.jp/tb/26052395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 越後もち豚 at 2016-07-28 00:43 x
フォーライフ期の代表作ですね。 
トーレの地元スウェーデンでのアナログ・レコーディング(!!)なので、前作と比べてサウンドが骨太な感じがします。
ただ、このアルバムでは「ロマンス」は聴けても、もう一つの代表曲「シンシア」は聴けない(オリジナルアルバム未収録)のでコンピ盤の『フラワーズ』もゲットしなければならないのがチョット不満(苦笑)

Commented by daisuke_Tokyocity at 2016-07-28 11:19
越後もち豚さん、こんばんは!

知世さんの音楽活動と年の重ね方が素晴らしい。今から19年前のアルバムとは思えない素晴らしい出来。
知世さんの声を上手く引き出してますね。
そうか~、フラワーも買わないといけませんね。7曲だけと少ないですが、これまたトーレ・プロデュース作品ですから探さないと!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2016-07-27 01:48 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)